NEJM Knowledge+ ご利用者様の声

千葉県済生会習志野病院 代謝科 藤原敏正先生      PDF版はこちら

DRFujiwara

NEJM Knowledge+ご利用者の藤原敏正先生

購入の動機

 当院では初期研修医の教育の一貫として、NEJMのCase Reportを隔週で担当者を決めて発表形式でディスカッションしています。主に英文に慣れること、診断過程を学ぶことに重点を置いて学習していただいていますが、一緒に勉強すると、今の研修医は我々の時代と異なり、インターネットの教育媒体にかなり精通して色んなサイトを活用している事に驚かされます。今回、NEJM Knowledge+の発売を聞き、NEJMのCaseを問題形式で学び復習できること、また問題が米国内科専門医試験の形式に準拠していることなどから、今後のグローバル化に晒されている若い先生たちの語学学習、ひいては海外での資格取得準備などに有効と判断し購入する事と致しました。

使った感想

 Cardiology、Gastroenterologyなどから眼科、精神科などすべてを網羅した16分野で長文、短文形式の質問があり、択一形式で回答し正答率が加算されていきます。これによって自分の知識不足の領域を客観的に知ることが可能となり、日常学習の指針に役立てることができます。加えてスマートフォンでいつでもどこでも学習できる点は大変便利ですし、PC、iPadを使えば高容量の病理画像なども見ることが可能です。回答にはKey pointで短く解説、より詳しくはDetailsを参照し、関連する論文はResourceからMedlineに飛んで全文参照できるようになっています。これがスマートフォンですべてできるのは画期的ですね。

 

conversation

藤原先生と工藤舞先生

研修医にお勧めポイント

 

 問題の難易度は自分で変えられるようになっていますので、研修医の先生はローテーションで回っている期間に、その科に相当した問題を平易なレベルから始めると良いかと思います。実際の臨床経験と日本語の医学書、文献による確認に、Knowledge+での客観的評価を加えることで習熟度は上昇するでしょうし、英文に慣れることで知らないうちに医学英語がすらすら読めるようになるのではないでしょうか。また問題形式なので国内外の専門医試験の対策にも有効と思います。

医師にお勧めのポイント

 

 ベテランの先生方には、Knowledge+は精神科、耳鼻科、皮膚科など総合診療で無視できない分野の問題も網羅されており、ともすると関心が薄れがちな分野も最新の知識を得ることができます。私は自分の知識が偏らないよう、且つ飽きずに継続できるように16分野を数問づつ解いては次に進むようにしています。もちろん専門としない領域の回答率はまだまだ低いですね。

 


NEJM Knowledge+のページへ

right