NEJM Knowledge+

最終更新日:2016年05月30日

NEJM Knowledge+は、NEJMが作成した臨床医・研修医向けのテーラーメード型学習プラットフォームです。時間を選ばず、効果的な学習を続けて頂けるよう設計されています。

 

本商品は、内科の16分野をカバーしており、医師により作成された高品質な問題を学習者の習熟度に合わせてテーラーメードで出題します。また、学習者の習熟度を客観的にとらえる充実したレポート機能を搭載しています。

ご利用様の声

 

  NEJM Knowledge+をご利用頂いている『済生会習志野病院 代謝科 藤原敏正先生』に使われてみて感じられたこと、お勧めのポイントをご利用者様の声として伺いました。ご利用者様の声はこちら

 

 

 

ポイント①: テーラーメード型学習システム

 

NEJM Knowledge+なら、弱いところを補強し、強いところは更に伸ばす効果的な学習を提供します。

 

 

従来の学習は   NEJM Knowledge+は
lesseffectivelearning 01 NEJMK+type
本を頭から読んだり知っていることに時間をとられる。   各学習者の習熟度に合わせて4000問以上のQuestion Bankよりテーラーメードで出題される。

  

ポイント②: 問題を解きながら理解に深みを得られる設計

 

問題の正誤以外にも学習を助ける充実の情報

 

①学習課題のポイントの明記②学習者のもう少し知りたいという意欲に応える充実の詳細解説

③もっと理解を深めたいという学習者のために参考文献へのLink*

 

*半数以上がNEJMのFull Text PDFへの無料Link。NEJM以外はPubMedへのLink。

Answer_Reference_final.png
     
 

ポイント③:客観的に今の知識レベルを確認できる充実のレポート機能

学習者に『メタ認知*』を促す各種レポート

 

回答に対する自信と正解のギャップ、各領域の習熟度・進捗度、学習対象で難しかったもの、

復習が必要なもの等の知識レベルの現状を確認できます。

 
report

*メタ認知(Metacognitive):自分の思考や行動を客観的に捉え認識すること。

ポイント④:信頼のNEJMブランドコンテンツ

質の高いコンテンツを提供するために、綿密な編集作業を総勢200名以上の医師が行っています。

 

down
  1. ABIM(米国内科試験委員会)のBlueprintに基づき、各領域にマッチする学習目的(Learning Objectives)を設定
  2. 各分野の著名機関(Mayo Clinic・MD Anderson等)の医師が問題を作成し、編集スタッフと問題を推敲
  3. 16分野の著名医師がエディターとしてレビュー
  4. 指導的な立場の内科医・教育担当の内科医によるレビュー
  5. 編集チームと編集長による最終確認
  6. 承認                                     編集者の詳細はこちら
ABIM
米国では、NEJM Knowledge+はCME/MOCの単位が取得できるようにもなっています。

 

ポイント⑤:iPhone・iPadで場所や時間を選ばず学習可能

iPhone・iPadで、通勤・診療の合間など時間や場所を選ばず、いつでも学習できます。

ネット接続のないオフラインでも問題を解くことができます。*

*参考文献へのアクセスには、ネット接続が必要です。

multidevicese
 

カタログ・案内動画

カタログはこちら

 

紹介ビデオ:NEJM Knwoledge+概要 紹介ビデオ:Adaptive Learning(テーラーメード型学習)
16specialitis adaptivelearning

 

弊社からのご提案

・10名以上の臨床研修プログラムでのご利用を提案させて頂いています。

・臨床研修プログラム責任者の方には、各研修医の進捗状況・習熟度を見られる機能を無償でお使いいただくことも可能です。

 

 

mov-btn.gif

 

 

                               お問い合わせ/Inquiry