文献管理・論文作成支援のスタンダード・ソフトウェア EndNote EndNoteトップページへ

FAQ(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。
             ※フリーワード検索はエンターキーが使えません。下のボタンをクリックして下さい。

インポート
Q:
EndNoteのオンラインアカウントとのSync(同期)方法(X6)

Answer

 

EndNote X6には、EndNote Web の個人用アカウントがひとつ付属しています。
アカウントを取得すると、インターネット上にライブラリをひとつ持つことができ、
文献情報を添付ファイルごと保存することができます。

また、設定をすることで複数のPCでデスクトップ上のEndNoteライブラリと自動同期して
どこにいても常に最新のライブラリ情報にアクセスすることができるようになります。
 

同期する前にライブラリのバックアップを作成する

 


万一同期プロセス中に問題が生じても、バックアップがあれば安心です。
バックアップの作成方法は、こちらをご参照ください。
 

初めてEndNote Webアカウントを作成する場合
 

 1.デスクトップ上のEndNoteで、同期するライブラリの準備をする。

   カスタムグループは同期されますが、グループセット(複数のグループを含むグループ)は

   同期されません。

   違うグループセットの中に同名のグループを保存している場合は、

   グループ名を[グループセット名:グループ名]のように変更しておくと区別できます。

 

 2.EndNoteメニューアイコンの[Sync with EndNote Web]を選択し

   表示されるダイアログからEndNote Webアカウントを作成する。

 

 3.アカウント作成が終了したら、[Sync]ボタンをクリックし、一回目の同期を行います。

   最初の同期は、ライブラリの大きさによって時間がかかる場合がありますが、

   終了するまで操作をせずにお待ちください。

 

詳しい操作手順は、下記にてご紹介しています。
必ずどちらかをご確認いただいいてから同期設定を行ってください。

 
既存のEndNote Webアカウントと同期する場合
 

 1.デスクトップ上のEndNoteとEndNote Webの両方で、ライブラリの準備をする。

   同期前には片方のライブラリだけに情報が保存されている状態にします。

   基本的にはEndNote Web側の文献情報とグループを全て削除します。

   (EndNote Web側のグループに共有設定をしている場合を除く)

   また、カスタムグループは同期されますが、

   グループセット(複数のグループを含むグループ)は 同期されません。

   違うグループセットの中に同名のグループを保存している場合は、

   グループ名を[グループセット名:グループ名]のように変更しておくと区別できます。

 

 2.EndNoteメニューアイコンの[Sync with EndNote Web]をクリックする。

 

 3.一回目の同期が行われます。

   最初の同期は、ライブラリの大きさによって時間がかかる場合がありますが、

   終了するまで操作をせずにお待ちください。

 

詳しい操作手順は、下記にてご紹介しています。

必ずどちらかをご確認いただいいてから同期設定を行ってください。

 - 操作ガイド(登録ユーザーページへのログインが必要です)

 - 動画 EndNote Webとのデータ同期(X6)(YouTubeでのご提供:字幕日本語)

 


2台目のパソコンで同期設定をする

 


職場と自宅、ノートPCなど、複数の環境で同期設定をする場合、

2台目のパソコンでは、 1台目のパソコンにあるEndNoteライブラリのコピーを

2台目のパソコンへ移動し 同期設定を行うと便利です。

 

 1.同期するライブラリの準備をする。

   1台目のパソコンでEndNote Webと同期設定したライブラリのコピーを作成します。

   ライブラリのコピーの作成方法はこちら

 

 2.コピーしたライブラリの[ライブラリ名].enlと[ライブラリ名].Dataフォルダを

   2台目のパソコンに移動させて開きます。

 

 3.EndNoteメニューアイコンの[Sync with EndNote Web]をクリックする。

 

 4.表示される[EndNote Web Login]画面で

   EndNote Webアカウントの ログイン情報を入力し、OKをクリックします。

 

 5.同期が行われます。

   ライブラリの見た目は変わりませんが、2台目のPCのライブラリとウェブアカウントとの

   同期が確立されます。

 

 (※) 操作ガイド〈初級編〉に記載されている操作は、同期の仕様が変更される前の操作なので

    参照しないようにしてください。

 

 (※) 上記他の二つの同期のケースの説明欄で紹介している動画に、

   このケースについての説明も収録されていますが、

   現在は仕様変更により操作が異なりますので参照しないようにしてください。

    (動画では収集した文献情報を一度すべて削除していますが、現在はその操作が不要です。)

 


同期するタイミングを設定する

 


デフォルトでは、ライブラリを終了するときと、15分おきに自動同期するよう設定されています。

下記のオプションから、自動同期するタイミングを選ぶことができます。

 ・ライブラリを開いたとき

 ・ライブラリを閉じるとき

 ・15分/30分/60分毎

 ・自動で同期しない(Syncボタンをクリックした時のみ同期する)


EndNoteメニューバーの[Edit]→[Preferences]→[Sync]を選択し

[Sync Automatically]欄で好みのオプションにチェックを入れ、[OK]をクリックします。

 

 

EndNoteのご案内 目次