本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2020/07/22

SARS-CoV-2とインフルエンザA型ウィルスの重複感染

論文タイトル
Coinfection with SARS-CoV-2 and influenza A virus
論文タイトル(訳)
SARS-CoV-2とインフルエンザA型ウィルスの重複感染
DOI
10.1136/bcr-2020-236812
ジャーナル名
BMJ Case Reports
巻号
BMJ Case Reports Volume 13, Issue 7
著者名(敬称略)
近藤 友喜 , 宮崎 晋一 他
所属
市立四日市病院 呼吸器内科

抄訳

 症例は57歳、日本人男性で、インフルエンザ罹患後の遷延する発熱にて当科入院となった。入院6日前、発熱、乾性咳嗽にて近医受診し、インフルエンザ迅速検査キットはA型が陽性であった。 抗インフルエンザ薬投与にも関わらず自覚症状の改善に乏しく、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査が陽性であったため入院対応となった。既往歴には異形狭心症、糖尿病があり、海外渡航歴、 濃厚接触歴はなかった。入院時、発熱、呼吸苦、味覚・嗅覚障害を認め、酸素飽和度は91%(室内気であった。採血上、白血球増多はなく、肝機能障害、CRP・フェリチン高値を認め、プロカルシトニン は陰性であった。胸部CTでは両肺野胸膜直下にスリガラス影を認め、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に矛盾しなかった。シクレソニド、ファビピラビルなどを投与し、自覚症状は軽快し、 入院1か月後、外来管理となった。
 SARS-CoV-2はインフルエンザウィルスと重複感染することは稀であり、単独感染と比較して、その臨床的特徴に差異は認められない。SARS-CoV-2の流行期では、他の病原体が検出されても、COVID-19の 可能性を常に考慮する必要がある。

論文掲載ページへ