本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2021/03/04

敗血症性DIC患者に対する低用量IgGの有用性の研究

論文タイトル
Study of usefulness of low-dose IgG for patients with septic disseminated intravascular coagulation
論文タイトル(訳)
敗血症性DIC患者に対する低用量IgGの有用性の研究
DOI
10.2217/bmm-2020-0204
ジャーナル名
Biomarkers in Medicine
巻号
Biomarkers in Medicine Vol.14, No.13 (2020)
著者名(敬称略)
高橋 学 他
所属
岩手医科大学 救急・災害・総合医学講座 岩手県高度救命救急センター

抄訳

背景:敗血症患者を対象とした大規模な多施設ランダム化比較試験では、静脈内免疫グロブリンG(IVIG)による予後の改善効果は証明されていません。ただし、敗血症性播種性血管内凝固症候群(DIC)の場合の有効性は十分に研究されていません。 結果/方法論:敗血症性DIC患者80例の重症度スコアと28日生存率に対するIVIGの効果を後方視的に評価しました。感染関連マーカー、凝固関連マーカー、重症度スコア、および28日生存率の変化を、IVIG治療群と未治療群の間で比較しました。 考察/結論:IVIG治療は、28日死亡率は低下させたものの、有意差は認めませんでした。しかし臓器不全評価スコアとDICスコアを有意に減少させ、血小板数を有意に増加させました。

論文掲載ページへ