Endocrinology

最終更新日:2016年10月18日

Topics

2016.01.21

Endocrinologyで最も読まれた記事"Most Viewed Articles Top 10"を公開しました。

2013.12.26

The Endocrine Society:プラットフォーム変更のお知らせ

 

Endocrinologyは、the Endocrine Scoeityで最も古い雑誌であり、20世紀の内分泌学を定義してきたジャーナルになります。また、最も権威のあるバイオメディカル分野の雑誌であり、細胞内のメカニズムから動物全体の生理機能まで、毎年6000ページもの質の高い論文を発行しています。論文のアクセプト率は約30%で、出版の質を維持しようとする姿勢が表れています。

出版機関

The Endocrine Society は、1916年に創設された、ホルモンに関する研究と内分泌の臨床に活発に貢献している世界最大かつ最古の学会です。本学会は、一般市民や内分泌学が専門でない医師の内分泌学に対する理解形成を促進するほか、世界中の内分泌学者の研究の促進、政府機関の健康政策にも寄与しています。

基本情報

Editor-in-Chief: Andrea C. Gore, Ph.D.

Impact Factor:4.159 (2015)

ISSN (online): 1945-7170

発行頻度:年12回

巻号(2016年):Vol.157

雑誌URL:http://press.endocrine.org/journal/endo

 

※2014年よりPrint版は廃止となり、Online版のみの提供となりました。

新規レイヤー

主なカバートピック

・骨およびミネラル類 ・成長因子 ・生殖/ステロイド ・神経内分泌学/シグナル伝達 ・甲状腺生理学

 

Endocrinology Most Viewed Articles Top 10

Endocrinologyで2015年1月1日~12月31日の間に最もよく見られた記事を以下にご紹介いたします。

本ランキングは、出版社より作成の協力を得て弊社独自に発表しております。

論文タイトルをクリックするとEndocrinologyの論文ページにジャンプします。

 

Endocrinology      
Rank Article   Title Issue    
1 Alterations in the Vaginal Microbiome by Maternal Stress Are Associated With Metabolic Reprogramming of the Offspring Gut and Brain Vol. 156 No. 9 September-15
2 Effects of Acupuncture Vol. 156 No. 10 October-15
3 Brown Adipose Tissue Transplantation Reverses Obesity in Ob/Ob Mice Vol. 156 No. 7 July-15
4 ROR Inverse Agonist Suppresses Insulitis and Prevents Hyperglycemia in a Mouse Model of Type 1 Diabetes Vol. 156 No. 3 March-15
5 Life-Long Implications of Developmental Exposure to Environmental Stressors: New Perspectives Vol. 156 No. 10 October-15
6 Bisphenol-A Treatment During Pregnancy in Mice: A New Window of Susceptibility for the Development of Diabetes in Mothers Later in Life Vol. 156 No. 5 May-15
7 PK11195 Effect on Steroidogenesis Is Not Mediated Through the Translocator Protein (TSPO) Vol. 156 No. 3 March-15
8 Brain Innate Immunity Regulates Hypothalamic Arcuate Neuronal Activity and Feeding Behavior Vol. 156 No. 4 April-15
9 3,5-Diiodo-L-Thyronine (T2) in Dietary Supplements: What Are the Physiological Effects? Vol. 156 No. 1 January-15
10 Free Fatty Acid Receptor GPR120 Is Highly Expressed in Enteroendocrine K Cells of the Upper Small Intestine and Has a Critical Role in GIP Secretion After Fat Ingestion Vol. 156 No. 3 March-15

購読体系

【個人の場合】 ID / Password 認証

【法人の場合】IP Address認証

投稿規定

http://press.endocrine.org/page/endoita

 

※Endocrinologyの投稿規程は文献管理・論文作成支援ソフト『EndNote』にサポートされています。

 

 

mov-btn.gif

 

                               お問い合わせ/Inquiry