本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:EndNote アップグレードライセンスについて

EndNote

Answer

EndNote には「アップグレード版」というライセンスがあり、過去バージョンを所有しているユーザーはそれを購入することで通常版より安い価格で最新の EndNote のライセンスに乗り換えることが可能です。そのアップグレード版について、注意点をご紹介します。

【アップグレード可能なバージョンについて】
2019年1月現在、EndNote は過去のどのバージョンからでも最新版にアップグレード可能です。

例:EndNote ver.1 → ver. X9

※なお、EndNote のバージョンに記載されている "X" はローマ数字の "10" を意味します。
 よって、ver. 9 と ver.X9 (=19) はまったく異なるバージョンということになりますので、ご注意ください。

【インストール時に旧バージョンが必要かについて】
EndNote のアップグレード版は旧バージョンとは完全に別の独立したプログラムとしてインストールされます。旧バージョンのプログラムを書き換えるわけではありませんので、事前に旧バージョンをインストールしておく必要はありません。(むしろ旧バージョンがない方が好ましいので、事前にアンインストールしておくことをおすすめします)

【インストール時の入力情報に関する注意】
アップグレード版は過去バージョンを所有していることを条件に販売しているので、インストールの際に過去バージョンのシリアル番号を入力する欄が追加されます。

上図の赤枠の欄には過去バージョンのシリアル番号を入力する必要があります。
新しいバージョンのシリアル番号ではありませんので、ご注意ください。
※上図は X9 for Windows の画面ですが、他のバージョン・Macintosh でも同様です。
※過去バージョンのシリアル番号が "503~" または "203~" から始まる場合認証されないことがあります。
 その場合は弊社サポート窓口までお問い合わせください。

シリアル番号を確認する方法はこちらのページをご参照ください。

【インストール可能台数について】
アップグレード版も通常版と同様に、個人利用に限り 3端末まで同時インストール可能です。
ライセンスの共有・貸与・譲渡など第三者にライセンスを使用させることは利用規約で禁止されていますのでご注意ください。

【旧バージョンの利用について】
アップグレード版は旧バージョンから新バージョンにライセンスを移行させます。つきましては、原則旧バージョンは利用できなくなりますので、ご注意ください。旧バージョンと新バージョンの両方をご利用になりたい場合は、新バージョンの通常版をご購入いただく必要があります。

【アップグレード版からさらにアップグレード版を購入できるかについて】
アップグレード後さらに新しいバージョンがリリースされた場合、そのアップグレード版のシリアル番号からさらにアップグレード版を購入することは可能です。一方、同じシリアル番号から 2回アップグレード版を購入することはできかねます。

アップグレードできる例 : X6 → X8 → X9
アップグレードできない例: X6 → X8、左記と同じX6 → X9

以上


【関連項目】
アンインストールの方法について教えてください(Windows)(全バージョン)
アンインストールの方法について教えてください(Macintosh)(EndNote 8以降)
アンインストールの方法について教えてください(Macintosh)(EndNote 7以前)
EndNote X9 Windows版インストール方法及び注意事項
EndNote X9 Macintosh版インストール方法及び注意事項
EndNote のシリアル番号を忘れてしまったのですが、どうすれば分かりますか?