本文へスキップします。

【全】メガメニュー
コンテンツ

EndNoteで文献の収集・管理・引用を
もっと速く、もっとカンタンに

文献情報の収集と閲覧、管理、論文作成支援はEndNoteにおまかせ 無料トライアルを試す ユーザー専用ページへ

EndNoteを購入する

EndNoteは文献収集・管理・引用の手間を無くします

書誌情報とフルテキストPDFを取り込んで一元管理

PDFビューア機能でPDFを閲覧しているキャプチャー画像

キーワードを入力するだけで、添付したPDFの本文なども含めて高速検索

書誌情報、PDFの管理はEndNoteにおまかせ
自分専用の文献データベースを構築

EndNoteは文献情報、フルテキストPDFやWord、Excelなどの様々なファイルを一元管理できます。講演スライドのパワーポイントなども保存可能です。
文献に関係する情報を集約することができるので検索も容易になり、どこに保存したか迷うこともありません。

取り込んだPDFは本文も検索対象なので、EndNoteに取り込んでおけば、キーワードを検索するだけで目的の文献がすぐ見つかります。自動取り込み用フォルダにPDFを入れておけば、起動時に自動で取り込まれるので、作業の手間もかかりません。

また、EndNote内のPDF閲覧パネルではハイライト、メモも可能です。EndNoteに取り込んだPDFをAcrobatなどのPDFリーダーで開くことも可能です。

文献管理機能を詳しく見る
書誌情報、PDFをEndNote内にカンタン取り込み
手入力は不要
書誌情報、PDFの取り込み・取得もラクラク

PubMedや医中誌Web、Google Scholar、J-STAGE、CiNiiなどのオンラインデータベースから書誌情報・文献情報をカンタンにインポートできます。
文献情報をカンタン取り込み

Find Full Text 機能でフルテキストPDFをワンクリックで自動ダウンロード。フルテキストPDF取得の手間を無くします。
フルテキストPDFを自動ダウンロード

文献情報からフルテキストPDFを取得、フルテキストPDFから文献情報を取得するのも、EndNoteでカンタンです。

対応しているOPACなどから書籍の情報の取得、閲覧しているWebページの情報の取得もカンタンにできます。

文献収集機能を詳しく見る
ブラウザ拡張機能 Kopernioで文献情報とフルテキストPDFをワンクリックで取り込み

Google Chrome、Firefoxに対応した無料のブラウザ・プラグイン「Kopernio」を使用することでブラウザ上で文献を検索すると同時に、文献情報とフルテキストPDFをワンクリックで文献管理ソフトに取り込むことが可能です。

Kopernioを詳しく見る

職場、自宅、外出先のどこからでも自分のライブラリにアクセス

    オンラインアカウントをベースとして、複数のPCやiPad・iPhoneでライブラリの同期が可能
  • 同期機能で職場、自宅、外出先のどこからでも自分のライブラリにアクセス

    EndNote オンラインアカウントと同期することで、複数のPCやiPad・iPhoneで自分の同一ライブラリの使用が可能です。外出先や自宅でライブラリ内の文献を読む、職場でしていた論文執筆の続きを外出先や自宅で行うといったことも可能です。

    添付容量は無制限なので、上限を気にせずにPDFファイルなどをアップすることが可能です。ファイルが大量にあっても、複数のPCで同一のライブラリを使用することが可能です。

    オンラインアカウントを設定するだけで、全ての端末で最新状態のライブラリを共有できます。

    ※EndNoteデスクトップ版は個人利用に限り、3端末までインストール可能です
    ※添付容量無制限の期間は原則登録後2年間です。詳しくはこちら


    同期・共有機能を詳しく見る
  • スキマ時間の有効活用にも最適

    無料iOS用アプリでiPad・iPhoneからEndNoteライブラリにアクセス

    無料iOS用アプリ EndNote for iOSを使用することで、iPad・iPhone上でPDFの閲覧・編集、文献情報の共有などを簡単に行うことができます。

    EndNote for iOSではハイライトやメモに加え、手書きでメモを残すことができるので、紙で文献を読むようにPDFを読むことが可能です。

    ハイライトや文字の色の使い分けも可能なので、蛍光ペンやカラーペンを使用する感覚でハイライトしたり、メモを取りながら文献を読み進めていくことが可能です。また、紙では不可能な文字の拡大・縮小もカンタンです。


    EndNote for iOS を詳しく見る

無駄な手間要らず ドラッグ&ドロップで参考文献リストを瞬間作成

EndNoteに保存した書誌情報をWord上の引用箇所へドラッグ&ドロップするだけで、本文中の引用と参考文献リストを一瞬で自動作成します。もう自分で参考文献リストを手入力やコピペをする必要はありません。

PowerPointとも連動可能です(Windowsのみ)。スライド中にEndNoteライブラリから引用表記やレファレンスを挿入することができます。学会発表や各種レポートでPowerPointを使用する際も、参考文献の作成がラクになります。

PCにWord がインストールされていない場合や、Google ドキュメントやScrivenerなどのワープロソフトを使用している場合でも、CWYW(Cite While You Write)機能を使用せずにFormat Paper機能を使用することで参考文献リストを作成することができます。



投稿規定に沿った参考文献リストの体裁に一発変換

7,000種以上のアウトプットスタイルの中から投稿先のジャーナル名を選択するだけで、作成した参考文献リストの体裁を投稿先ジャーナルの規定に一発変換できます。論文を書き終わってから投稿先を変更する場合も、リストを作成しなおす必要はありません。

EndNoteは他の文献管理ソフトでは対応の難しい、和文・英文混在の参考文献リスト作成も可能です。ユサコで提供しているアウトプットスタイル一覧 でお探しのスタイルが見つからない場合は、テクニカルサポートにご相談ください。


共同研究や研究室内での文献共有に最適なライブラリ共有

    ライブラリ共有のイメージ
  • ライブラリ共有で添付ファイルを含めた
    すべての情報が共有可能

    共有したい方のEndNote オンラインアカウント登録Eメールアドレスを入力するだけで、他のEndNote X9・EndNote X8ユーザーと、作成したライブラリを共有可能です。

    最大100名までライブラリ共有可能です。共有容量に制限はありません。フルテキストPDFなどの添付ファイルを含めた、ライブラリのすべての情報が共有されるため、研究室内や病院内での必読文献の共有や、共同研究や所属・立場が異なる方との文献共有に便利です。

    同じ文献、注釈やメモを見ながら共同研究を効率的にすすめられます。

    共有機能を詳しく見る
  •  
  • また、EndNoteは機関全体で契約することが可能です。(EndNote サイトライセンス)
    所属する全員が統一された最新バージョンのEndNoteを利用できるため、研究者同士のデータ共有もよりスムーズになります。

    機関全体で使えるEndNote サイトライセンスはこちら


EndNote X9の新機能

  • 投稿先ジャーナル推薦機能

    MS Word に執筆した論文のタイトル・抄録・参考文献リストの情報からより好ましいと 考えられる推薦投稿先を列挙します。
    推薦ジャーナルのインパクトファクターも表示します。

    推薦投稿先は、審査を経て「Web of Science」に掲載されたジャーナルのみを提案するので安心です。

  • 投稿先ジャーナル推薦機能
  • 文献情報から引用レポートを作成

    EndNote X9 は文献情報からWeb of Scienceの引用レポートを作成できるようになりました。

    • 選択した文献の中で被引用数(インパクト)が高い文献の調査や最近の引用の傾向、 さらにWeb of Scienceの機能で各文献の関連文献を検索することができます。
    • グループに特定の著者の執筆論文をまとめておけば、その著者の業績評価 (被引用数やh-index)の表示が可能です。

    ※本機能を利用するにはWeb of Scienceの機関購読が必要です。

  • 文献情報から引用レポートを作成
  • 特定のグループ内の文献情報のみを他のEndNote X9ユーザーと共有

    EndNote X9 では特定のグループの文献情報のみを特定の相手と共有することが できるようになりました。共有相手の編集権限も設定が可能です。

    ※グループのみの共有機能では添付ファイルを共有することはできません。
    ※EndNote X7 から実装されているライブラリ全体の共有機能も引き続きご利用いただけます。

  • 特定のグループ内の文献情報のみを他のEndNote X9ユーザーと共有

初めて使う方でも安心の無料サポート

EndNoteは日本語サポートのある文献管理ソフトです。

EndNoteを安心してお使いいただけるよう、ユーザー登録いただいた方を対象に、「専門スタッフによるメール・電話のテクニカルサポート」、「日本語マニュアルの提供」、「アウトプットスタイル(参考文献リストの出力フォーマット)の提供・代理作成」など、各種サービスを提供しています。

使い方がわからないなどの使い方に関するご相談や、エラー・トラブルの解消など、お困りのことがあればテクニカルサポートまでお気軽にご相談ください。

EndNote 無料トライアル

EndNoteの基本機能を30日間お試しいただけます。画面イメージや操作性をお気軽にお確かめください。

EndNote X9 価格表

EndNote X9 通常版(パッケージ) ¥59,400
EndNote X9 通常版(ダウンロード) ¥57,200
EndNote X9 Workstation License(パッケージ)※1
( 通常版を 5本以上同時ご購入の場合、1本あたり )
5本以上からご注文可能
(1本あたり¥42,900 x 数量)
EndNote X9 アップグレード版(パッケージ)※2 ¥26,400
EndNote X9 アップグレード版(ダウンロード)※2 ¥24,200
EndNote X9 大学生協版※3 大学生協までお問い合わせください
EndNote X9 学生版※3 大学生協までお問い合わせください

※上記表内の個人向けライセンスは全て、機能に違いはありません。
Workstation Licenseは5本以上のまとめ買いの際の1本あたりの価格です。5本以上(¥214,500)からご注文いただけます。
アップグレード版はEndNoteの過去バージョン(Ver.1~9、X~X8)のいずれのバージョンからも最新版へのアップグレードが可能です。
大学生協版、学生版は大学生協のみの取り扱いです。お買い求めの際は大学生協にお問い合わせください。大学生協版と通常版には価格以外の違いはありません。

※5人以上での使用と管理者によるライセンス管理を検討されている場合、グループ用ライセンスや機関導入用のサイトライセンスもございます。
 価格等の詳細については、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。



購入前のよくあるお問い合わせ

パソコン何台までインストールできますか?

EndNoteデスクトップ版は、Windows/Mac問わず合計3台までインストール可能です(ライセンス所有者本人1名のみの使用に限る)。iOSアプリはこの端末数にはカウントされないので、PC3台とiOSアプリを併用することが可能です。

EndNoteは日本語のデータを使えますか?

はい、日本語データもご利用いただけます。

EndNote 8 以降のバージョンでは日本語データを入力/出力することができます。日本語の文献データベースから出力した日本語データを EndNote に取り込むことも可能です。

EndNote では文字情報を Unicode という文字コードで取り扱っており、ハングルやドイツ語などをはじめとして、ウムラウト記号やアクセント付き文字を含む言語も同様に表示することができます。

古いバージョンのEndNoteを持っています。最新版にアップグレードできますか?

国内正規流通版のEndNoteをお持ちの方であれば、ご利用中のバージョンに関わらず、最新版にアップグレードできます。

また、アップグレード版のインストールの際、過去バージョンをインストールしている必要はありません。新しいパソコンにもアップグレード版をインストールしてそのままお使いいただけます。※インストールの際に過去バージョンのシリアル番号を入力する必要があります。