本文へスキップします。

H1

商品詳細

商品詳細

SFX®

情報ソリューション
SFX®
世界1,500以上の図書館が導入する世界的に著名なリンクリゾルバーです。有料・無料の電子ジャーナル、電子ブック、OPAC、Webサーチエンジン等へのリンク情報を集中的に管理し、利用者が求める最適な資料へと、機関の購読状況などを状況判断しながらナビゲーションします。

多種多様なデジタル資源をリンクで結ぶツール

例えば次のような資料を互いにリンクさせます。

・電子ジャーナル
・書誌データベース
・図書館目録
・その他web資源

お客様からのリクエストに応じ、様々な資源のリンクを設定できます。これにより、OPACから書誌データベース、書誌データベースから電子ジャーナル、電子ジャーナルからUnion Catalogといった、切れ目のないリンクが実現します。

文献入手のスタート地点は使い慣れたデータベースから

機関で購読している、または無料で利用できる文献検索データベースの検索結果に自機関の「SFXメニュー」に誘導するための専用のSFXアイコンを表示します。利用者がアイコンをクリックすることでSFXメニューのナビゲーション画面を経由し、機関で購読している電子ジャーナルやオープンアクセスを含めた入手可能なフルテキストや関連する文献・文献情報へ利用者をナビゲート(誘導)します。

SFXを導入することで利用者が文献を検索する際の利便性を高め、機関内外の学術情報資源から文献を入手する可能性を広げます。

データべースで
文献を発見
文献を入手するためのルートを提示 適切な手段で文献を入手


[≫SFXメニュー の設定例]
(クリックするとSFXのメニュー画面にリンクし、ターゲットの設定例を表示します)
※アイコンを表示させるデータべースはOpenURL送信機能に対応している必要があります

その他の機能


・電子ジャーナル、電子ブック リスト機能(A-Zリスト)
SFXに登録されている契約電子ジャーナルやオープンアクセスジャーナル、電子ブックのリスト機能を提供します。電子ジャーナル名での検索だけでなく「分野」や「提供元」から検索し、検索結果一覧からフルテキスト提供サイトのジャーナルトップページにリンクします。
[≫SFX A-Zリスト の設定例]

・CitationLinker(Fetch Item)
SFXに収録されている書誌情報データベース「ナレッジベース」を使って詳細な書誌情報やDOI、PMIDなどから文献(または雑誌・書籍)を検索することで、SFXメニュー上で機関内での入手手段を提示します。
[≫CitationLinker の設定例]

※ユーザーインタフェースは導入機関様ごとに文言修正やバナー設置などのブランディングが可能です。

充実の利用統計

管理者機能からリンクリゾルバーSFXが利用された統計情報を21通りの視点から確認し、利用者の動向を把握することができます。



例)
・リンク元ソース(データベース)ごとのSFX利用頻度集計
・電子ジャーナルタイトルごとの利用頻度集計
・もっとも利用頻度の高い電子ジャーナル
・フルテキストが利用できなかった電子ジャーナルの集計

動作環境

○クライアント:

-Internet Explorer 7.x, 8.x, and 9.x  

-Firefox 7  

-Google Chrome  

-Safari 4  のいずれかが動作する環境

ダウンロード

SFX カタログ PDF