本文へスキップします。

H1

日本人論文紹介

コンテンツ

ユサコでは日本人の論文が掲載された海外学術雑誌に注目して、随時ご紹介しております。

論文検索

(以下、条件を絞り込んで検索ができます。)

日本人論文紹介:検索
日本人論文紹介:一覧

2020/11/26

主要な終末糖化産物であるNε-カルボキシメチルリジンの食事摂取は高山スタディでの日本人成人の死亡リスク上昇とは関連がなかった New

論文タイトル
Dietary Intake of Nε-carboxymethyl-lysine, a Major Advanced Glycation End Product, is Not Associated with Increased Risk of Mortality in Japanese Adults in the Takayama Study
論文タイトル(訳)
主要な終末糖化産物であるNε-カルボキシメチルリジンの食事摂取は高山スタディでの日本人成人の死亡リスク上昇とは関連がなかった
DOI
10.1093/jn/nxaa230
ジャーナル名
Journal of Nutrition
巻号
Journal of Nutrition Volume.150 Issue.10
著者名(敬称略)
永田 知里 他
所属
岐阜大学大学院医学系研究科 疫学・予防医学分野

抄訳

終末糖化産物(AGE)は様々な慢性疾患の発症に関与すると考えられているが、食品中のAGEの健康影響については未だ不明である。そこで本研究は、主要なAGEであるNε-カルボキシメチルリジン(CML)の一般成人における食事からの摂取量を推定し、全死亡、死因別死亡リスクとの関連を評価した。CML摂取量の推定は、LC-MS測定による食品中CML含有量データベースを用いた。対象者は、高山スタディ参加者、35歳以上の男性13,355名、女性15,724名で、1992年に自記式の調査票に回答を得た。CML摂取を含む食習慣の評価はこのベースライン時の食物摂頻度調査票による。16年の追跡期間中に男性2,901名、女性2,438名の死亡が認められた。男性ではCML高摂取群(上位1/4)は低摂取群(下位1/4)に比べ、全死亡リスクは、ハザード比0.89 (95% CI 0.79-1.00, P-trend = 0.047)と低下していた。女性では、層化因子により、CML摂取と死亡リスクは、正負ともに関連性が認められた。本研究の日本人成人における結果は、CML摂取による死亡リスク上昇を支持するものではなかった。

論文掲載ページへ

2020/11/17

Sphingobium sp. SYK-6株のシリンガ酸脱メチル酵素遺伝子desAの転写制御システム

論文タイトル
The Syringate O-Demethylase Gene of Sphingobium sp. Strain SYK-6 Is Regulated by DesX, while Other Vanillate and Syringate Catabolism Genes Are Regulated by DesR
論文タイトル(訳)
Sphingobium sp. SYK-6株のシリンガ酸脱メチル酵素遺伝子desAの転写制御システム
DOI
10.1128/AEM.01712-20
ジャーナル名
Applied and Environmental Microbiology
巻号
Applied and Environmental Microbiology Volume 86, Issue 22
著者名(敬称略)
荒木 拓馬、上村直史、政井 英司 他
所属
長岡技術科学大学・生物機能工学専攻 微生物代謝工学研究室

抄訳

リグニンの有効利用法として、リグニンを化学的に低分子化し、得られる芳香族化合物を微生物の代謝能により有価物に変換する技術が注目されている。Sphingobium sp. SYK-6株は、リグニンの主要な分解物であるシリンガ酸およびバニリン酸を代謝する過程でポリマー原料となる中間代謝物を生成する。SYK-6株を基盤としたリグニン変換システムを構築するには、これら化合物の取り込みおよび分解酵素遺伝子を同定し、その転写制御系を明らかにする必要がある。本研究では、SYK-6株のシリンガ酸脱メチル酵素遺伝子desAの転写制御が、IclR型転写制御因子DesXによって負に制御されること、DesXによる負の制御は、シリンガ酸またはバニリン酸存在下で解除されることを明らかにした。以上の結果と、MarR型転写制御因子DesRによるligMdesBの転写制御系に関する知見から、SYK-6株のシリンガ酸・バニリン酸代謝制御系の全体像が明らかとなった。

論文掲載ページへ

2020/11/10

ジーンキューブ®マイコプラズマ・ニューモニエのマクロライド耐性肺炎マイコプラズマ検出能の評価

論文タイトル
Evaluation of GENECUBE Mycoplasma for the detection of macrolide-resistant Mycoplasma pneumoniae
論文タイトル(訳)
ジーンキューブ®マイコプラズマ・ニューモニエのマクロライド耐性肺炎マイコプラズマ検出能の評価
DOI
10.1099/jmm.0.001264
ジャーナル名
Journal of Medical Microbiology
巻号
Journal of Medical Microbiology First Published: 03 November 2020
著者名(敬称略)
森永 芳智 他
所属
富山大学 学術研究部医学系 微生物学講座

抄訳

 肺炎マイコプラズマのマクロライド系薬への耐性獲得は、適正な治療と診断を行う上で無視できない。分子学的手法は、本菌同定と本菌の薬剤耐性に関連する23SリボソームRNA遺伝子変異の同定の手段として期待されている。自動核酸検査システムであるジーンキューブ®マイコプラズマ・ニューモニエの薬剤耐性検出能を評価した。
 変異型を模した合成オリゴヌクレオチドでの検証では、軽度耐性のA2067Gの判定に一部エラーを認めたが、高度耐性である2063位と2064位は再現性良く正しく判定できた。
 臨床検体での検証では、9医療施設で収集された肺炎マイコプラズマ陽性の中咽頭検体から核酸を精製し、含まれる23SリボソームRNA遺伝子のサンガーシークエンス解析を行った。本システムは26.9%の検体を点変異ありと判定した。本システムで捉えた変異株はシークエンス解析でも全て変異型であり、2063位、2064位、2617位の変異がそれぞれ97%、3%、0%であった。
 本システムは、臨床的に重要なマクロライド耐性肺炎マイコプラズマを信頼して同定できる検査法である。

論文掲載ページへ

2020/11/02

骨芽細胞・骨細胞のビタミンD受容体(VDR)は、in vivoにおいても活性型ビタミンD [1α,25(OH)2D3] による骨吸収促進作用に不可欠である

論文タイトル
The Vitamin D Receptor in Osteoblast-Lineage Cells Is Essential for the Proresorptive Activity of 1α,25(OH)2D3 In Vivo
論文タイトル(訳)
骨芽細胞・骨細胞のビタミンD受容体(VDR)は、in vivoにおいても活性型ビタミンD [1α,25(OH)2D3] による骨吸収促進作用に不可欠である
DOI
10.1210/endocr/bqaa178
ジャーナル名
Endocrinology
巻号
Endocrinology Vol.161 No.11 (bqaa178)
著者名(敬称略)
森 智紀, 中道 裕子 他
所属
松本歯科大学 総合歯科医学研究所 硬組織機能解析

抄訳

活性型ビタミンD製剤は骨吸収を抑制するため、骨粗鬆症治療薬として用いられている。対照的にビタミンD過剰症では、骨吸収の亢進が認められる。一方、骨芽細胞と造血細胞の共存培養系において、活性型ビタミンDは骨芽細胞のVDRを介して破骨細胞分化を促進する。しかしこれまでに、活性型ビタミンDに関して、in vivoにおける骨吸収抑制作用機構についての報告は多数あるものの、骨吸収促進作用についての研究報告はなかった。本論文では、活性型ビタミンDの骨吸収促進作用と血清カルシウム(Ca)上昇作用および体重減少作用の因果関係について、野生型マウスへの抗RANKL(破骨細胞分化因子)中和抗体投与による骨吸収抑制実験および、骨芽細胞・骨細胞特異的VDR欠損(Ob-VDR-cKO)マウスを用いた実験により調べた。その結果、1α,25(OH)2D3が骨芽細胞・骨細胞のVDRを介して骨吸収促進作用を発揮し、その骨吸収促進作用が、血清Ca上昇作用および体重減少作用の発現に必須であることを示した。

論文掲載ページへ

2020/11/02

室傍核ダイノルフィンAニューロンは低栄養による生殖機能抑制を仲介する

論文タイトル
Paraventricular Dynorphin A Neurons Mediate LH Pulse Suppression Induced by Hindbrain Glucoprivation in Female Rats
論文タイトル(訳)
室傍核ダイノルフィンAニューロンは低栄養による生殖機能抑制を仲介する
DOI
10.1210/endocr/bqaa161
ジャーナル名
Endocrinology
巻号
Endocrinology Vol.161 No.11 (bqaa161)
著者名(敬称略)
土田 仁美, 束村 博子 他
所属
名古屋大学 大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物生殖科学

抄訳

哺乳類では、低栄養に陥ると生殖機能が抑制され、次の妊娠を回避するメカニズムが脳内に備わっている。ヒトや家畜を含む動物の生殖機能は、視床下部弓状核に局在するキスペプチンニューロンが、視床下部の性腺刺激ホルモン放出ホルモンニューロンを刺激し、ひいては下垂体からの性腺刺激ホルモン放出を促すことによってコントロールされる。我々は、後脳第4脳室に2デオキシ-D-グルコース(2DG、グルコース利用阻害剤)を投与した低栄養モデル雌ラットにおいて、室傍核のダイノルフィンAニューロンに神経活性化マーカが発現し、ダイノルフィン受容体(KOR)拮抗剤の脳内投与が2DGによる性腺刺激ホルモン分泌の抑制を阻害すること、また弓状核キスペプチンニューロンにKORが発現することを示した。以上より、低栄養時には、室傍核を起始核とするダイノルフィンAニューロンが活性化され、直接弓状核のキスペプチンニューロンを抑制することにより生殖機能が抑制されることが明らかとなった。本知見が、家畜の繁殖障害やヒトの生殖医療における不妊治療などに応用されることが期待される。

論文掲載ページへ

2020/10/19

緑膿菌のニトロソ化ストレスに対する低濃度マクロライドの効果: 緑膿菌と多剤耐性緑膿菌の比較

論文タイトル
Effect of Sub-MICs of Macrolides on the Sensitivity of Pseudomonas aeruginosa to Nitrosative Stress: Effectiveness against P. aeruginosa with and without Multidrug Resistance
論文タイトル(訳)
緑膿菌のニトロソ化ストレスに対する低濃度マクロライドの効果: 緑膿菌と多剤耐性緑膿菌の比較
DOI
10.1128/AAC.01180-20
ジャーナル名
Antimicrobial Agents and Chemotherapy
巻号
Antimicrobial Agents and Chemotherapy Volume 64, Issue 10
著者名(敬称略)
清水 健 他
所属
千葉大学大学院 医学研究院 病原細菌制御学

抄訳

 緑膿菌は元々特定の薬剤に対する抵抗性を保持しているため、緑膿菌感染症の治療に用いることができる薬剤は限定されている。さらに近年の多剤耐性緑膿菌の出現は緑膿菌感染症対策に大きな問題となっている。
 低濃度マクロライド療法は緑膿菌感染症の治療法として、すでに確立されているが、多剤耐性緑膿菌に対しての有効性は検討されていない。低濃度のマクロライドは緑膿菌に対して直接的な殺菌効果を持たないので、その効果は生体防御機構に対する緑膿菌の抵抗性の低下を導くことによるものと考えられている。ニトロソ化ストレスとは生体防御機構が産生する一酸化窒素(NO)のような反応性窒素を含む化学物質によって生じるストレスのことを示し、この効果によって生体防御機構は病原細菌を殺菌する。そこで我々はニトロソ化ストレスに対する低濃度マクロライドの効果を緑膿菌と多剤耐性緑膿菌を用いて解析した。その結果、緑膿菌 13株ではsub-MICのマクロライド処理によってNOに対する抵抗性が有意に低下した。一方、多剤耐性緑膿菌34株を用いた結果では、NOに対する抵抗性に有意な低下は見出せなかった。しかし、多剤耐性緑膿菌34株の中で現在世界において大きな問題になっているハイリスククローンST235 27株に限定した場合には、NOに対する抵抗性が有意に低下した。

論文掲載ページへ

2020/10/19

還元的条件で百日咳菌を培養するとIII型分泌装置から分泌される病原因子の産生は抑制される

論文タイトル
Transcriptional Downregulation of a Type III Secretion System under Reducing Conditions in Bordetella pertussis
論文タイトル(訳)
還元的条件で百日咳菌を培養するとIII型分泌装置から分泌される病原因子の産生は抑制される
DOI
10.1128/JB.00400-20
ジャーナル名
Journal of Bacteriology
巻号
Journal of Bacteriology Volume 202, Issue 21
著者名(敬称略)
後藤 雅貴、桑江 朝臣 他
所属
北里大学大学院感染制御科学府 細菌感染制御学研究室

抄訳

百日咳菌はヒトの気道に感染し、激しい咳を主症状とする百日咳を引き起こす。百日咳菌は「III型分泌装置」と呼ばれる針状の病原因子分泌装置を菌体膜上に保持している。菌はIII型分泌装置を介して病原因子 (III型分泌タンパク質) をヒトの細胞質内に注入することにより病原性を発揮する。しかし、百日咳菌がIII型分泌タンパク質を効率良く産生する培養条件は見出されていなかった。本研究では、還元剤であるアスコルビン酸 (ビタミンC) を培地から除去することにより、百日咳菌がIII型分泌タンパク質を効率的に産生することを発見した。また、この条件で培養した百日咳菌がIII型分泌タンパク質依存的な哺乳類細胞の膜破壊を誘導することを見出した。アスコルビン酸以外の還元剤を培地に添加した場合でも、III型分泌タンパク質の産生が抑制されたことから、百日咳菌は環境中の酸化還元電位を感知し、III型分泌タンパク質の産生を制御することが示唆された。

論文掲載ページへ

2020/10/13

P4-ATPaseの細胞内局在はそのN末あるいはC末の細胞質領域によって決定される

論文タイトル
The N- or C-terminal cytoplasmic regions of P4-ATPases determine their cellular localization
論文タイトル(訳)
P4-ATPaseの細胞内局在はそのN末あるいはC末の細胞質領域によって決定される
DOI
10.1091/mbc.E20-04-0225
ジャーナル名
Molecular Biology of the Cell
巻号
Molecular Biology of the Cell Volume 31, Issue 19(2093-2155)
著者名(敬称略)
岡本 小百合, 内藤 朋樹, 申 惠媛他
所属
京都大学大学院 薬学研究科 生体情報制御学分野

抄訳

 生体膜は脂質二重層からなり、その内葉と外葉の間で脂質組成は非対称に保たれている。P4-ATPaseは、膜脂質を外葉から内葉へと転移(フリップ)することで脂質非対称性を調整するフリッパーゼである。これまでに私たちは、ほとんどのP4-ATPaseが小胞体で生合成された後、CDC50と相互作用することで小胞体から輸送されることを示した。そのうち、ATP10A、ATP10D、ATP11A、ATP11Cは細胞膜に、ATP10BとATP11Bは特定のエンドソームに局在することを報告した。しかしながら、これらの細胞内局在がどのようにして決定されるかは不明であった。膜10回貫通型タンパク質であるP4-ATPaseのN末端とC末端はサイトゾル側に存在する。本研究では、ATP10ファミリーではN末領域が、ATP11ファミリーではC末領域が細胞膜や特定のエンドソームへの局在に必須であり、これらの領域に局在化シグナルが存在することを示唆した。特に、ATP10BのN末領域に存在するジロイシン配列が、後期エンドソームへの輸送のシグナルになることを示した。このような局在化シグナルを介したP4-ATPaseの細胞内局在における分子メカニズムの解明が今後の課題である。

論文掲載ページへ

2020/10/07

蛍光シグナル増幅のためのAmplibodyと膨張顕微鏡法を用いた一次繊毛および中心小体の実用的な超解像イメージング法

論文タイトル
Practical method for superresolution imaging of primary cilia and centrioles by expansion microscopy using an amplibody for fluorescence signal amplification
論文タイトル(訳)
蛍光シグナル増幅のためのAmplibodyと膨張顕微鏡法を用いた一次繊毛および中心小体の実用的な超解像イメージング法
DOI
10.1091/mbc.E20-04-0250
ジャーナル名
Molecular Biology of the Cell
巻号
Molecular Biology of the Cell Volume 31, Issue 20(2157-2288)
著者名(敬称略)
加藤 洋平, 千葉秀平, 中山和久
所属
京都大学大学院 薬学研究科 生体情報制御学分野

抄訳

 一次繊毛は細胞膜から突出した構造であり、直径が約0.3μm、長さが約3μmである。このサイズは光の回折限界に近いため、回折限界以下の繊毛の構造は超解像顕微鏡や電子顕微鏡を用いなければ観察することができない。膨張顕微鏡法(ExM: Expansion microscopy)は、高吸水性ゲルを用いて試料を物理的に膨張させることで超解像イメージングを可能にする技術である。しかし、その有効性は十分には検証されておらず、さらなる改良が期待されている。本研究では、一次繊毛と中心小体の観察にExMを適用し、得られた画像を既存の超解像顕微鏡で得られた画像と比較した。さらに、物理的な膨張に伴う単位体積あたりの蛍光シグナルの低下と、プロテアーゼ処理によるタンパク質の部分的な分解によるシグナルの低下を補うために、蛍光シグナルを増幅するための新たなツール「Amplibody」を開発した。Amplibody用に最適化された ExM プロトコールと Airyscan 超解像顕微鏡を組み合わせて使用することで、一次繊毛と中心小体を高輝度かつ高分解能で観察できることを実証した。

論文掲載ページへ

2020/10/07

B9ドメインタンパク質複合体MKS1–B9D2–B9D1の形成は一次繊毛における膜タンパク質の拡散障壁として必須である

論文タイトル
Formation of the B9-domain protein complex MKS1–B9D2–B9D1 is essential as a diffusion barrier for ciliary membrane proteins
論文タイトル(訳)
B9ドメインタンパク質複合体MKS1–B9D2–B9D1の形成は一次繊毛における膜タンパク質の拡散障壁として必須である
DOI
10.1091/mbc.E20-03-0208
ジャーナル名
Molecular Biology of the Cell
巻号
Molecular Biology of the Cell Volume 31, Issue 20(2157-2288)
著者名(敬称略)
岡崎 美聖, 中山 和久, 加藤 洋平 他
所属
京都大学大学院 薬学研究科 生体情報制御学分野

抄訳

 繊毛は細胞のアンテナやプロペラとして機能する細胞膜から突出した構造である。繊毛による感覚機能と運動機能を達成するために、繊毛は細胞体とは異なるタンパク質と脂質の組成を維持している。トランジションゾーン(TZ)は繊毛の基部に存在する特殊な領域であり、繊毛の内部と外部を隔てるバリアとして機能している。TZは膜貫通型および可溶性の多くのタンパク質によって構成されている。MKS1、B9D1/MKS9、B9D2/MKS10は、メッケル症候群(MKS : Meckel syndrome)の原因遺伝子によってコードされている可溶性のTZタンパク質であり、共通してB9ドメイン(B9D)を有している。本研究では、これらのB9Dタンパク質がMKS1–B9D2–B9D1の順で3者複合体を形成すること、これらのTZへの局在化は相互依存的であることを明らかにした。MKS1-ノックアウト(KO)細胞とB9D2-KO細胞の表現型解析から、B9Dタンパク質は繊毛の形成に必須ではないが、正常な繊毛形成には必要であることが明らかになった。これらのKO細胞を用いたレスキュー実験によって、B9Dタンパク質複合体の形成が繊毛膜タンパク質に対する拡散障壁を構築するために不可欠であることが示された。

論文掲載ページへ