本文へスキップします。

H1

日本人論文紹介

コンテンツ

ユサコでは日本人の論文が掲載された海外学術雑誌に注目して、随時ご紹介しております。

論文検索

(以下、条件を絞り込んで検索ができます。)

日本人論文紹介:検索
日本人論文紹介:一覧

2021/03/04

敗血症性DIC患者に対する低用量IgGの有用性の研究 New

論文タイトル
Study of usefulness of low-dose IgG for patients with septic disseminated intravascular coagulation
論文タイトル(訳)
敗血症性DIC患者に対する低用量IgGの有用性の研究
DOI
10.2217/bmm-2020-0204
ジャーナル名
Biomarkers in Medicine
巻号
Biomarkers in Medicine Vol.14, No.13 (2020)
著者名(敬称略)
高橋 学 他
所属
岩手医科大学 救急・災害・総合医学講座 岩手県高度救命救急センター

抄訳

背景:敗血症患者を対象とした大規模な多施設ランダム化比較試験では、静脈内免疫グロブリンG(IVIG)による予後の改善効果は証明されていません。ただし、敗血症性播種性血管内凝固症候群(DIC)の場合の有効性は十分に研究されていません。 結果/方法論:敗血症性DIC患者80例の重症度スコアと28日生存率に対するIVIGの効果を後方視的に評価しました。感染関連マーカー、凝固関連マーカー、重症度スコア、および28日生存率の変化を、IVIG治療群と未治療群の間で比較しました。 考察/結論:IVIG治療は、28日死亡率は低下させたものの、有意差は認めませんでした。しかし臓器不全評価スコアとDICスコアを有意に減少させ、血小板数を有意に増加させました。

論文掲載ページへ

2021/03/04

単回使用滅菌手術用手袋のエンドトキシン汚染 New

論文タイトル
Endotoxin contamination of single-use sterile surgical gloves
論文タイトル(訳)
単回使用滅菌手術用手袋のエンドトキシン汚染
DOI
10.2217/fmb-2020-0153
ジャーナル名
Future Microbiology
巻号
Future Microbiology Vol.15, No.15 (2020)
著者名(敬称略)
高橋 学 他
所属
岩手医科大学 救急・災害・総合医学講座 岩手県高度救命救急センター

抄訳

体内に挿入される医療用のインプラントやカテーテルには、厳格なエンドトキシン規格値が設定されています。しかし単回使用滅菌手術用手袋には標準的な規格値は設定されていません。そこで日本国内で販売されている4種類の手袋を生理食塩水に浸し、そのエンドトキシンレベルを測定しました。その結果、4種類の手袋のうち3種類からエンドトキシンを検出しました。 また、エンドトキシンの汚染が強度であった手袋では陰イオン界面活性剤の混入も認めました。さらにエンドトキシンの汚染が確認された手袋を健常人から採取した全血に浸しサイトカインの値を検討したところ、これらの手袋でサイトカインの上昇を確認しました。検出されたエンドトキシンが手術中に体内に入る程度については議論の余地がありますが、単回使用滅菌手術用手袋には厳密なエンドトキシンの規格値を確立する必要があると考えます。

論文掲載ページへ

2021/03/04

加温したデキストランを用いて作成した多白血球検体によるエンドトキシン測定の臨床応用の検討 New

論文タイトル
A dextran-based warming method for preparing leukocyte-rich plasma and its clinical application for endotoxin assay
論文タイトル(訳)
加温したデキストランを用いて作成した多白血球検体によるエンドトキシン測定の臨床応用の検討
DOI
10.2144/btn-2020-0005
ジャーナル名
BioTechniques
巻号
BioTechniques Vol.68, No.6 (2020)
著者名(敬称略)
高橋 学 他
所属
岩手医科大学 救急・災害・総合医学講座 岩手県高度救命救急センター

抄訳

ヒトの血液中のエンドトキシン測定では比濁時間分析法が保険収載されていますが、その精度の低さが問題視されています。エンドトキシンは血液忠では白血球に結合したり取り込まれて存在していることが多く、我々は測定検体に白血球の豊富な検体を用いています。今回この白血球の豊富な検体を作成するにあたり、デキストランを用いた方法を開発し、さらに検体を得るための最適温度を見つけるために、37°Cおよび0°Cで調製したサンプルを使用して測定結果を比較しました。検体の分離時間は、温度が0°Cよりも37°Cの方が大幅に短縮されることが分かりました。またエンドトキシンの測定値は、2つの温度で強い相関関係を示し、37°Cで作成された検体の多くは0°Cでの測定値を超えていました。グラム陰性菌感染の診断精度は、37°Cで作成された方が優れており、感度と特異度はそれぞれ96.8%と100%でした。

論文掲載ページへ

2021/03/01

バソプレシン産生ニューロンから放出されるGABAは,サーカディアンリズム中枢・視交叉上核の分子時計が何時に行動を引き起こすかを制御する New

論文タイトル
GABA from vasopressin neurons regulates the time at which suprachiasmatic nucleus molecular clocks enable circadian behavior
論文タイトル(訳)
バソプレシン産生ニューロンから放出されるGABAは,サーカディアンリズム中枢・視交叉上核の分子時計が何時に行動を引き起こすかを制御する
DOI
10.1073/pnas.2010168118
ジャーナル名
Proceedings of the National Academy of Sciences
巻号
PNAS February 9, 2021 118 (6) e2010168118
著者名(敬称略)
前島 隆司、三枝 理博 他
所属
金沢大学 医薬保健研究域 医学系 統合神経生理学

抄訳

視床下部の視交叉上核は、中枢時計として、安定したサーカディアンリズムを発振する機能と、動物の行動や身体機能をオン・オフにする時間帯を定める機能を持つ。今回、視交叉上核の背内側部に局在するバソプレシン/GABA神経が、GABA伝達を介して視交叉上核の神経活動を制御し、動物が行動を起こす時間帯を設定することを明らかにした。バソプレシン神経から特異的にGABA放出能を欠損させた遺伝子改変マウスは、時計遺伝子により駆動される視交叉上核の分子時計リズムには異常がないものの、行動の開始時刻が分子時計の進みに対して早くなり、終了時刻は遅れるという異常を示した。また視交叉上核全体の神経活動は、正常マウスでは、昼に高く夜に低い、単峰性のリズムを示すが、この遺伝子改変マウスでは、昼に加え、夜にも活動のピークを生じる二峰性のリズムを示し、神経活動が低下するリズムの谷間に、動物の行動が表出することが分かった。このようにGABAを介した視交叉上核の神経活動調節は、分子時計上の適切な時間帯に脳や身体機能をオン・オフするタイマー設定を担っていると見なせる。

論文掲載ページへ

2021/03/01

原発性アルドステロン症における機能確認結果の乖離が診断に及ぼす意義 New

論文タイトル
Significance of Discordant Results Between Confirmatory Tests in Diagnosis of Primary Aldosteronism
論文タイトル(訳)
原発性アルドステロン症における機能確認結果の乖離が診断に及ぼす意義
DOI
10.1210/clinem/dgaa812
ジャーナル名
Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism
巻号
Vol.106 No.2 (Pages e866–e874)
著者名(敬称略)
福元 多鶴,  馬越 洋宜 他
所属
九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学(第三内科)

抄訳

原発性アルドステロン症(PA)の診断において、現在のガイドラインでは、1つ以上の機能検査の陽性確認が推奨されているが、機能検査の結果が乖離した場合に複数の検査を実施する臨床的意義は確立していない。本研究では2種類の機能確認検査の実施がPAの病型診断に与える影響を明らかにすることを目的とした。PAが疑われカプトプリル負荷試験(CCT)と生理食塩水負荷試験(SIT)を施行、1つ以上の検査が陽性であり、副腎静脈サンプリング(AVS)の結果が得られた193人を対象とした。193人のうち127人がCCT、SITともに陽性、 34人がCCT単独陽性、32人がSIT単独陽性であり、58人が片側PA、135人が両側性PAと診断された。単独陽性群は、ともに陽性であった群と比較し、両側性PAと診断された割合が有意に高かった(63/66 [95.3%]対72/127 [56.7%]、P <0.01)。
本研究からCCTとSITの結果が乖離する症例では、AVSで両側性と診断される確率が高率であることが明らかになった 。

論文掲載ページへ

2021/02/22

酸化ストレス応答時に発現誘導される転写産物を長鎖リード・トランスクリプトーム解析によって同定

論文タイトル
Identification of Dominant Transcripts in Oxidative Stress Response by a Full-Length Transcriptome Analysis
論文タイトル(訳)
酸化ストレス応答時に発現誘導される転写産物を長鎖リード・トランスクリプトーム解析によって同定
DOI
10.1128/MCB.00472-20
ジャーナル名
Molecular and Cellular Biology
巻号
Molecular and Cellular Biology February 2021; volume 41,issue 2
著者名(敬称略)
大槻 晃史、山本 雅之 他
所属
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
東北大学大学院医学系研究科 医化学分野

抄訳

ヒトを含む多くの生物では、ひとつの遺伝子から複数種類の転写産物(転写産物アイソフォーム)が発現している。NRF2は生体の酸化ストレス応答を制御するマスター転写因子であるが、その標的遺伝子における転写産物アイソフォームが、どのような量的バランスで発現しているかは、これまで十分に明らかではなかった。本研究では、長鎖リード型シークエンサーを用いた全長トランスクリプトーム解析を実施し、親電子性ストレス応答時に発現する転写産物アイソフォームの正確な構造決定と発現量の評価を行った。これにより、転写産物レベルでの発現解析における、長鎖リード解析の有用性を実証した。また、親電子性ストレス条件下では、比較的少数の転写産物アイソフォームが選択的に発現していることが明らかとなった。この結果は、生体のストレス応答において、転写産物の利用が厳密に制御されることにより、機能的なタンパク質が産生されていることを裏付けるものである。

論文掲載ページへ

2021/02/22

細胞内Nrf2発現量が化学発がんにおける食道上皮細胞の運命を決定する

論文タイトル
Cellular Nrf2 Levels Determine Cell Fate during Chemical Carcinogenesis in Esophageal Epithelium
論文タイトル(訳)
細胞内Nrf2発現量が化学発がんにおける食道上皮細胞の運命を決定する
DOI
10.1128/MCB.00536-20
ジャーナル名
Molecular and Cellular Biology
巻号
Molecular and Cellular Biology February 2021; volume 41,issue 2
著者名(敬称略)
堀内 真、山本 雅之 他
所属
東北大学大学院医学系研究科 医化学分野

抄訳

転写因子Nrf2は、生体防御酵素群の発現を誘導して、発がん物質に対する細胞保護効果を強める働きをする。一方、Nrf2欠失マウスでは種々の発がん物質に対する感受性が高まっており、化学発がんが起こりやすいことが知られている。しかし、従来のモデルではNrf2を全身性に欠失した状態のマウスでの化学発がんを検討しており、正常細胞とNrf2欠失細胞が混在する条件での化学発がんは調べられていなかった。本研究では、食道上皮においてNrf2欠失細胞と正常細胞がほぼ同等に混在するマウスを作出し、同マウスに発がん物質4-ニトロキノリン-1-オキサイド(4NQO)を投与して、同上皮における正常細胞とNrf2欠失細胞の挙動を検討した。本マウスの食道上皮においては、通常環境ではNrf2欠失細胞と正常細胞が混在した。しかし、4NQOを曝露した際にはNrf2欠失細胞が選択的に排除され、存在しなくなっていた。4NQOが誘導した腫瘍の大半はNrf2欠失細胞由来ではなく、Nrf2発現細胞由来であった。これらの結果から、化学発がん剤はNrf2欠失細胞ではなく、発現細胞を発がんに導くこと、また、Nrf2欠失細胞が食道上皮に出現しても、その組織環境から、直ぐに発がんする運命をたどる可能性は低いことが理解される。

論文掲載ページへ

2021/02/15

若年女性における5年間の妊孕性温存治療及び妊娠転帰

論文タイトル
Oncofertility care in young women and the outcomes of pregnancy over the last 5 years
論文タイトル(訳)
若年女性における5年間の妊孕性温存治療及び妊娠転帰
DOI
10.2144/fsoa-2020-0169
ジャーナル名
Future Science OA
巻号
Future Science OA Published Online:2 Feb 2021
著者名(敬称略)
髙橋 小百合、堀江 昭史 他
所属
京都大学 医学研究科/医学専攻器官外科学講座婦人科学・産科学

抄訳

がん生殖医療において、がん治療後の適切な不妊治療を提供するため、2015年1月から2019年9月までに当院で妊孕性温存治療を受けた43歳以下の女性患者67例を対象に後方視的にデータを分析した。
対象患者は、乳がん患者28例、血液がん患者19例、その他のがん患者20例を含む67例であった。
乳がん患者は、がん治療開始前に妊孕性温存に関して当科を受診する割合が大きく、血液がん患者はがん治療開始前に妊孕性温存治療を受ける割合が小さい傾向を認めた。
20歳以上の患者のうち既婚者は計15例(25%)で同年代の一般女性の既婚率と比較して低く、そのうち5年間のフォロー中に新たに結婚した患者は4例であった。がん治療終了後の妊娠転帰として、ART (Assisted Reproductive Technology) を施行した患者は計3例であった。妊娠した患者は計9例でそのうちARTによる妊娠は2例であり、自然妊娠による妊娠例を7例認めた。
若年女性がん生存者の妊娠転帰を改善させるために生殖医療のみならず、がん治療終了後に妊娠を望む環境を整備すべく社会的支援を拡充する必要と、患者個々に応じた適切な妊娠方法を検討する必要があり、自然妊娠も実行可能な選択肢である。

論文掲載ページへ

2021/02/08

KNDyニューロンが性腺刺激ホルモン分泌を制御し、卵胞発育を司る繁殖中枢であることを証明

論文タイトル
Direct evidence that KNDy neurons maintain gonadotropin pulses and folliculogenesis as the GnRH pulse generator
論文タイトル(訳)
KNDyニューロンが性腺刺激ホルモン分泌を制御し、卵胞発育を司る繁殖中枢であることを証明
DOI
10.1073/pnas.2009156118
ジャーナル名
Proceedings of the National Academy of Sciences
巻号
PNAS February 2, 2021 118 (5) e2009156118
著者名(敬称略)
長江麻佑子、上野山賀久、束村博子 他
所属
名古屋大学 大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物生殖科学

抄訳

ヒトや家畜を含む哺乳類において、キスペプチンニューロンは生殖機能に不可欠な繁殖中枢である。脳の視床下部弓状核に分布するキスペプチンニューロンは、キスペプチンのほかに、ニューロキニンBとダイノルフィンAも合成、分泌することから、これらの頭文字をとってKNDyニューロンとも呼ばれる。我々は、先天的不妊モデル動物 (全身性キスペプチン遺伝子ノックアウトラット) の脳内にキスペプチン遺伝子を人為的に導入して、2割以上のKNDyニューロンを復元させると、性腺刺激ホルモン分泌が回復し、卵胞が排卵可能なサイズにまで発育することを示した。また、脳内のキスペプチン遺伝子を後天的にノックアウトできるラットの作製にも成功し、9割以上のKNDyニューロンでキスペプチン遺伝子を喪失させると、KNDyニューロン以外のキスペプチンニューロン群が残存しても、卵胞発育に必要な性腺刺激ホルモン分泌が消失することを示した。これらの結果から、我々は、KNDyニューロンが性腺刺激ホルモン分泌を制御し、卵胞発育を司る繁殖中枢であることを証明するとともに、2割のKNDyニューロンの復元により繁殖機能を回復できることを示した。本知見は、家畜の繁殖障害の治療、ヒトの不妊治療などへの応用が期待される。

論文掲載ページへ

2021/02/08

抗CD14抗体による可溶性CD14の安定化は、攪拌による血液成分検体中のプレセプシン値の増加を抑制する

論文タイトル
Antibody-mediated soluble CD14 stabilization prevents agitation-induced increases in presepsin levels in blood component specimens
論文タイトル(訳)
抗CD14抗体による可溶性CD14の安定化は、攪拌による血液成分検体中のプレセプシン値の増加を抑制する
DOI
10.2144/btn-2020-0136
ジャーナル名
BioTechniques
巻号
BioTechniques, Published Online:29 Jan 2021
著者名(敬称略)
森野 豪太、高橋 学 他
所属
岩手医科大学 救急・災害・総合医学講座 岩手県高度救命救急センター

抄訳

【目的】プレセプシンは新規感染症マーカーであり、日本国内で保険収載されています。最近攪拌によりプレセプシンが上昇するとする報告が散見されます。ただし、そのメカニズムは解明されていません。本研究では、振盪によるプレセプシン増加のメカニズムを明らかにすることを目的としました。
【方法】攪拌前と攪拌後のヒト血漿または血清検体をゲル濾過クロマトグラフィーを使用して分離し、ELISAによって分析しました。
【結果】攪拌した検体において、変性した可溶性CD14(以下sCD14)と変性sCD14の凝集と考えられた2つのピークを認め、sCD14自体は減少していることが確認されました。また攪拌後に検体に抗CD14抗体(F1024-1-3)を添加し、その検体をウェスタンブロックにて解析したところ、抗体を添加した検体では、変性したと考えられたsCD14は殆ど消失しました。また攪拌前に検体にF1024-1-3を添加すると凝集と考えられるピークは認められませんでした。
【結語】検体を攪拌すると、sCD14の変性や変性したsCD14の凝集が生じ、誤ってプレセプシンと測定されることによりプレセプシン値が上昇する可能性が示唆されました。抗CD14抗体であるF1024-1-3はsCD14の変性や変性したsCD14の凝集を抑制することにより、攪拌によるプレセプシンの増加を抑制できると考えられました。

論文掲載ページへ