本文へスキップします。

H1

商品詳細

商品詳細

Morressier

学術データベース
Morressier
科学技術文献の検索サービスは、通常、査読論文として出版された成果を対象にしていますが、2018年に提供が開始されたMorressierは学術会議にフォーカスをあて、ポスター、アブストラクト、プレゼンテーションを収録しています。
Morressierは、そのような従来隠れた存在だった研究成果にアクセスできるようにすることで研究活動の活性化に寄与することを目指しています。

4つの機能

① 早期研究成果のディスカバリー
現在、約400の主要な学術会議のコンテンツを検索することができます。検索結果の一覧は、研究者、所属機関、会議にセクション化して表示され、各文献の詳細表示には閲覧・ダウンロードなどの利用回数や再利用ライセンス(CC)などの情報が含まれます。
論文数の月ごとの推移などの指標をダッシュボード化したり、良く実施する検索を登録し、その検索条件と一致する新たな文献がデータベースに追加されるとEmail通知するアラートを設定したりすることができます。



② API連携やデータ交換

研究機関が運営する既存のシステムとのAPI連携や、定期的にデータ交換することでインテグレーションすることができます。CRIS(研究情報システム)や機関リポジトリと接続することで研究成果管理ワークフローの効率化を図ります。

③ レポート・分析
収載された文献の閲覧数、ダウンロード数などの傾向データによる分析ができます。研究トレンドの同定、研究戦略の立案支援などの知見を得るために、必要に応じカスタマイズも承ります。

④ 会議の運営支援・自機関の会議成果の集約と発信
会議の電子化による円滑な運営を支援します。学会開催前の抄録・ポスター・スライドの受付と管理、学会当日の運営、開催後の評価分析などを効率化します。また、学術機関が会議の成果を公開、集約するためのツールとしてもご活用いただけます。
掲載資料にはDOIを付与し、著者の業績化を支援するとともに被引用の機会を増大します。
学術会議のWeb開催をサポートするために、Eポスターだけでなくその発表ビデオを収録することができます。
予稿集の掲載ではリッチメディアフォーマットをサポートし、アニメーションやオーディオ、ビデオを収載することができます。

  
 会議メインページのイメージ(American Chemical Societyとのパートナーシップにおけるサンプル)
 https://www.morressier.com/event/acsspring2020expo/5e733c5acde2b641284a7e27?page=1

        
 プレゼンテーションビデオのイメージ            各発表に関連するデータセットの掲載が可能

   
 コンテンツ公開後のコメント機能