本文へスキップします。

【全】メガメニュー
H1

商品詳細

商品詳細

Cell

学術ジャーナル
Cell
Cell Pressは1974年の創立以来トップレベルの科学情報を提供し続け、世界中の研究者達が最新の科学的知見をCell Pressの雑誌から得ています。1974年創刊のCellは細胞生物学、生化学、分子生物学分野において現在でも最高峰の雑誌というステータスを誇り、その後刊行された姉妹誌も、各分野トップレベルの情報を提供しています。 

Cell Best of

Cell Pressがその年に最もダウンロードされた記事などを"Best of”として公開中です。
オリジナル論文やレビューの他に、毎回特定のトピックを取り上げ、キーとなる情報を一枚の図にした"Snapshot"も掲載されています。
アクセスはこちら。
https://www.cell.com/bestof

タイトル紹介

 Cell
 2018 Journal Impact Factor: 36.216
 Editor in Chief: Dr. John Pham
 ISSN: 0093-8674
 投稿規定:
http://www.cell.com/cell/authors
 細胞生化学、分子生化学分野のインパクトファクターで上位にランクされる世界トップレベルの雑誌です。






 Cancer Cell
 2018 Journal Impact Factor: 23.916
 Editor in Chief: Li-Kuo Su
 ISSN: 1535-6108
 投稿規定:http://www.cell.com/cancer-cell/authors
 分子生物学から臨床系までがん研究の場を広げる革新的な論文・レビューや分析結果を取り上げています。

 





 Cell Chemical Biology
 2018 Impact Factor:6.762
 Senior Editor : Milka Kostic, PhD
 ISSN:2451-9456
 投稿規定:http://www.cell.com/chemistry-biology/authors
 前誌Chemistry & Biologyの1994年創刊時には、化学と生物学が領域の垣根を越えて研究する重要性をいち早く認識した雑誌と評価されました。2016年より誌名を改め、「生物化学の発展を支援し、化学とライフサイエンスの協働に貢献する」を雑誌の使命としております。


 




 Cell Metabolism
 2018 Journal Impact Factor: 22.415

 Editor in Chief:  Nikla Emambokus
 ISSN:  1550-4131

 投稿規定:http://www.cell.com/cell-metabolism/authors
 生理学やホメオスタシスの根底にある分子メカニズム、健康と病気、モデルシステムから臨床についての  研究に焦点を当てています。






 Cell Stem Cell 
 2018 Journal Impact Factor: 22.415

 Editor in Chief:  Sheila Chari
 ISSN:  1934-5909
 投稿規定:http://www.cell.com/cell-stem-cell/authors
 幹細胞生物学の全領域をカバーし、 非常に重要で革新的な研究結果に関する論文を掲載し ています。







 Cell Host & Microbe
 2018 Journal Impact Factor: 15.753
 Editor in Chief:  Lakshmi Goyal
 ISSN: 1931-3128

 投稿規定:http://www.cell.com/cell-host-microbe/authors
 病原体の分子細胞生物学、微生物学、治療、ワクチンのデザインに焦点を当て、微生物とその宿主に関連する最新の研究成果を掲載しています。






 Developmental Cell
 2018 Journal Impact Factor: 9.190
 Editor in Chief:  Julie Sollier
 ISSN: 1534-5807

 投稿規定:http://www.cell.com/developmental-cell/authors
 細胞生物学と発生生物学、またその境界にある分野におけるきわめて重要な発見に関する研究論文を掲載しています。





 American Journal of Human Genetics
 2018 Journal Impact Factor: 9.924
 Executive Editor:David L. Nelson
 ISSN:0002-9297

 投稿規定:http://www.editorialmanager.com/ajhg/
 米国人類遺伝学会の正式機関誌です。 1948年に刊行されて以来、研究の記録や、分子生物学、細胞生物学の関連分野だけでなく、医学や公共政策における遺伝法則の活用に関連したレビューを掲載しています。



 Biophysical Journal
 2018 Journal Impact Factor: 3.665
 Editor-in-Chief:Leslie Loew
 ISSN:0006-3495

 投稿規定:https://www.cell.com/biophysj/authors
 米国生物物理学会の正式機関誌です。 1960年に創刊されて以来、近代生物物理学の中で最も重要な発展に関するオリジナルの論文・ レターやレビューなどを掲載しています。 特に分子や細胞の生物学的側面に焦点を当てています 。


 



 Immunity
 2018 Impact Factor:21.522
 Executive Editor:Peter T. Lee
 ISSN:1074-7613

 投稿規定:http://www.cell.com/immunity/authors
 免疫学研究において最も重要な進歩を報告する論文を掲載しています。分子および細胞レベルの免疫学的研究に焦点を当てながら、基礎から感染症にいたるまで、幅広い領域をカバーしています。ヒトや実験動物生物学において、意味のある免疫反応関連の研究も扱っています。






 Molecular Cell
 2018 Impact Factor:14.548
 Executive Editor:John Pham
 ISSN:1097-2765

 投稿規定:http://www.cell.com/molecular-cell/authors
 分子細胞学分野の研究者にとって非常に重要で興味深い、革新的な研究結果の論文を扱っています。構造的洞察とともに分子レベルでの分析に注目しています。研究論文だけでなく、幅広い読者層を対象としたレビューも掲載しています。






 Neuron
 2018 Impact Factor:14.403
 Executive Editor:Katja Brose
 ISSN:0896-6273

 投稿規定:http://www.cell.com/neuron/authors
 神経科学分野において最も影響力を持ち、信頼されてきた学術誌です。発達と機能の分子的・生化学的メカニズムから、神経システム等に関する疾患と認知科学研究まで、神経科学の幅を広げる研究を掲載しています。 重要な研究成果に加え、神経科学の最新の発展にかかわる幅広い観点を提供するレヴュー記事も掲載しており、神経科学者にとっての必読誌です。





 Structure
 2018 Impact Factor:4.576
 Executive Editor:Christopher D. Lima, Andrej Sali
 ISSN:0969-2126

 投稿規定:http://www.cell.com/structure/authors
 構造生物学の分野において非常に興味深い論文を掲載しています。特に構造的分子的洞察を生物学的機能とメカニズムに取り入れた論文に力を入れており、構造生物学者だけでなく、高分子構造学者・生物学者・生化学者にとっても不可欠な雑誌を目指しています。


                                                                                                                             個人購読のお申込みはこちら