本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:EndNote のオンラインストレージ(Dropbox、iCloud、ほか)への対応について

EndNote

Answer

現在 Dropbox や iCloud など、複数のパソコン間でデータを共有できるオンラインストレージサービス(クラウドサービス)が多く提供されていますが、すべてのバージョンの EndNote はオンラインストレージ上で利用されることを想定して開発されておらず、非対応となっています。

元々互換性がありませんので、オンラインストレージサービスの利用を起因とする不具合やトラブルは弊社テクニカルサポートの対象外となります。あらかじめご了承ください。ただ、ライブラリの修復の操作でデータを復元できることもあるのでよろしければご参照ください。

オンラインストレージ上に EndNote のライブラリデータを保存した状態で開き、利用すると様々なエラーが発生することが確認されています。下記に具体例を一部記載します。

ライブラリデータが破損して開けなくなる ("This library is currently being used by someone else.~" が出現)
・同期機能を利用時にエラーが発生し、同期できない
・Online Search 機能で文献検索できない
・Find Reference Update 機能で文献の更新情報を取得できない
・Find Full Text 機能で論文のフルテキスト PDF を取得できない
・Word上の EndNote アドイン機能が正常に動作しない
・EndNote の動作が重くなる
・EndNote が頻繁に強制終了する
ほか

以上のことから、オンラインストレージ上にデータを保存している状態で EndNote を利用することはお控えいただきますようお願いいたします。EndNote のライブラリデータはローカルな保存場所に保存してご利用ください。

【オンラインストレージサービスの例】
・Dropbox
・iCloud
・SharePoint
・OneDrive
・Box Sync
・Google Drive
ほか

特に Macintosh をご利用の場合、macOS のアップデート時などにパソコン内の [デスクトップ] や [書類] が iCloud に変更されてしまうことがありますのでご注意ください。
※macOS アップデートの過程でパソコン内の [デスクトップ] や [書類] を iCloud にするか選択する画面が表示されることがあります。デフォルトで「iCloud にする」が選択されている場合があります。

【Macintosh のローカルな保存場所の例】
[デスクトップ] と [書類] を iCloud に設定している場合、ライブラリデータを下記のローカルな保存場所に移動してご利用ください。
・[Finder] を起動し、メニューバーの [移動] → [コンピュータ] を選択
・ご利用のハードディスク → [ユーザ] → [アカウント名] のフォルダを開く
・メニューバーの [ファイル] → [新規フォルダ] で新しいフォルダを作成(適宜フォルダ名を設定してください)
上記で作成したフォルダはローカルな保存場所となります。

【EndNote のライブラリデータについて】
EndNote のライブラリは下記どちらかの形式で保存されています。
ペアで管理されているライブラリを移動する際は一緒に移動していただきますようお願いいたします。
※パソコンによっては拡張子(各ファイルのピリオド "." 以降)を表示しない設定になっている場合があります。その場合、予め拡張子を表示する設定に変更の上、ご確認ください。

■ファイルとフォルダのペア
・[ライブラリ名].Data フォルダ
・[ライブラリ名].enl ファイル

※画像は EndNote X9 です。EndNote のバージョンによってはアイコンのデザインが異なります。
※こちらの形式で保存している場合、二つのデータを一緒に移動させる必要があります。
 データが分かれてしまうとライブラリ内の情報が損失してしまいますので、ご注意ください。

■パッケージ保存(Macintosh でのみ可)
・[ライブラリ名].enlp ファイル

※画像は EndNote X9 です。EndNote のバージョンによってはアイコンのデザインが異なります。


【複数のパソコンで同じライブラリを利用したい場合】
EndNote のライブラリデータを他のパソコンでも利用したい場合、下記の方法をご参照の上ご利用ください。

(EndNote の同期機能を使用)

EndNote に実装されている同期機能を利用することで、複数のパソコンでデータを共有することが可能です。
同期機能の設定については弊社が作成している操作ガイド、またはこちらのページをご参照ください。
※EndNote の同期機能は一つのライブラリのみを、EndNote のウェブアカウントを介して複数のパソコン間で同期するために開発されています。複数のライブラリを管理している場合、EndNote の同期機能では対応できかねますので、予めご了承ください。
 
(オンラインストレージを中継地として使用)
※あくまで利用方法の案を記載させていただきます。こちらの方法での利用を推奨・保証しているわけではありません。
オンラインストレージ上でライブラリを開かなければ、不具合が発生する確率を下げることができます。
例えば、下記のように利用します。

①パソコンA のローカル領域でライブラリを開き、編集する
②使用完了後、ライブラリデータをパソコンA のオンラインストレージに移動
 ※必ずオンラインストレージへのアップロードが完了するまでパソコンの電源を切らないでください。
③パソコンB を起動し、オンラインストレージの同期が完了するまで待つ
④ライブラリデータをパソコンB のローカル領域に移動
 ※必ずデータの移動が完了するまでお待ちください。
⑤ローカル領域でライブラリを開き、使用する
 
上記を繰り返します。

ただ、ライブラリデータを何回も移動させるので、やはりデータ破損の可能性は依然として残ります。
必ず定期的にライブラリのバックアップを作成してください。
バックアップの作成方法はこちらのページをご参照ください。

以上

【関連項目】
ライブラリデータの破損に備えてバックアップを作成する方法
ライブラリを開こうとすると、「This library is currently being used by someone else.~」というメッセージが表示され、ライブラリを開くことができない