本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:EndNote 20 Windows版インストール方法及び注意事項

EndNote

Answer

EndNote 20 Windows版の製品版、またはトライアル版をインストールする方法は下記の通りです。
また、トライアル版から製品版に移行する方法も記載します。
 
【インストール前の確認事項】
  • 現在ご利用のパソコンに EndNote 20 が対応しているか、こちらのページからご確認ください。
  • PC に EndNote の過去バージョンが入っている場合は、事前にアンインストールして下さい。
  • ※アンインストールの方法はこちらのページをご参照ください。
    ※アップグレード版をインストールする場合でも、過去バージョンがインストールされている必要はありません。
  • すべてのプログラムを終了してください(特に Word、PowerPoint、Outlook、など)。
  • セキュリティソフトをご利用の場合は、その機能を一時的に停止することをおすすめします。
【インストール手順】
  1. CD-ROMやWebからダウンロードしたインストールプログラムを起動する
  2. [Welcome to Endnote 20] 画面

  3. → [Next] をクリック

  4. [Select Installation] 画面

  5. 製品版をインストールする場合
    [I have a product key] を選択し、その下の入力欄にプロダクトキー(25桁の英数字)を入力
    → [Next] をクリック
    【注意】

    プロダクトキーは 25桁の英数字です。パッケージ版をご購入の場合、CD ケース内側の左扉、または CD を取り外した場所に貼られているシールに記載されています。

    弊社からダウンロード版をご購入の場合、弊社ユーザー専用ページ内の「シリアル番号登録、各種ダウンロード」ページ下方に記載されています。

    大学生協からダウンロード版をご購入の場合、大学生協から送信されるメールに記載されています。

    トライアル版をインストールする場合
    → [I would like a 30-day free trial] を選択
    → [Next] をクリック

  6. [User Information] 画面

  7. ユーザー名(必須)と所属機関名(任意)を入力し、[Next] をクリック
    【注意】

    ※アップグレード版の場合、画面下方に過去バージョンのシリアル番号(9桁または10桁の数字)を入力する欄も表示されるので、入力(EndNote 20 のシリアル番号ではありませんので、ご注意ください。)

  8. [Read Me Information] 画面

  9. → [Next] をクリック

  10. [End User License Agreement] 画面

  11. 内容確認後、[I accept the license agreement] を選択し、[Next] をクリック

  12. [Select Installation Type] 画面

  13. インストールのタイプを選択し、[Next] をクリック(基本 [Typical] 推奨)
    • [Typical]:EndNote 20 本体と代表的な追加ファイル(アウトプットスタイルなど)をインストール
    • [Custom]:EndNote 20 本体をインストールし、追加ファイルを指定してインストール
    • ※ [Typical] を選択した場合でも、後からファイルを追加インストールできます。
  14. [Select Destination] 画面

  15. メインプログラムの保存先を指定し、[Next] をクリック。
    特別な事情がなければ、下記デフォルトの保存場所のまま進めることを推奨します。
    • (64-bit パソコンの場合) C:\Program Files (x86)\EndNote 20
    • (32-bit パソコンの場合) C:\Program Files\EndNote 20
  16. [Select Features] 画面
  17. ※「7.」で [Custom] を選択した場合のみ出現します。

    インストールする追加ファイルを選択し、[Next] をクリック
    • インストールしたくないファイルは [× Entire feature will be unavailable.] に変更
    • インストールしたいファイルは [Will be installed on local hard drive.] に変更
  18. [Ready to Install the Application] 画面

  19. [Next] をクリックすると、インストールが始まります
  20. [EndNote 20 has been successfully installed.] 画面

  21. インストールが完了しました。[Finish] をクリックして終了します。
【既にインストールしているトライアル版を正規製品に移行する方法】
トライアル版を既にインストールしている場合、そこからプロダクトキーを入力すれば正規版に移行させることができます。

  1. EndNote を起動するとトライアルの残り日数を通知する画面が出現

  2. → [はい] を選択
    ※ここで [いいえ] を選択した場合でも、メニューバーの [Help] → [Activate EndNote] から下記「2.」の手順に進むことができます。

  3. 「ユーザー名(必須)」「ご所属機関名(任意)」「EndNote 20 のプロダクトキー」を入力し、[Next] をクリック

  4. ※アップグレード版の場合、続いて過去バージョンのシリアル番号(9桁または10桁の数字)を入力する画面が出現するので、入力(EndNote 20 のシリアル番号ではありませんので、ご注意ください。)

  5. 利用者許諾にご同意いただいたら [I accept the License Agreement] を選択し、[Next] をクリック


  6. [The installation of the full version of EndNote is complete.] と表示されたら正規版への移行が完了です。

【EndNote 20 のアップデート確認方法】
EndNote はバグの修正など、プログラムにアップデートを配信することがあります。
基本的には適用していただきますようお願いいたします。
EndNote 20 では、起動時に自動でアップデートの有無を確認する機能が実装されていますので、タイムリーに最新バージョンにアップデートできます。 下記手順をご参照ください。
  1. EndNote 20 を起動
  2. インターネット接続がある状態であれば、自動でアップデートの有無が確認される
  3. → アップデートがあった場合通知が出現するので、[Download & Install] をクリック
  4. アップデートの [Set up] 画面が表示されるので、[Next] で画面を進めていくとアップデートが完了します。
  5. ※Word や PowerPoint、Outlook が起動している場合は、予めそれらを終了させてください。
     
【追加ファイルを後からインストールする方法】
  1. EndNote 20 と Word、PowerPoint、Outlook を終了
  2. パソコンのコントロールパネルを起動
  3. [プログラム] → [プログラムと機能] を選択
  4. ※[プログラム] が見当たらない場合は、画面右上の [表示方法] が [カテゴリ] になっているかご確認ください。
  5. 表示されるプログラム一覧からご利用の [EndNote 20] を選択
  6. 画面上部の [変更] をクリック
  7. 出現する [Application Maintenance] 画面で [Modify] を選択
  8. → [Next] をクリック
  9. [Select Features] 画面

  10. 追加・削除したいファイルを選択
    • 追加したいファイルは [Will be installed on local hard drive.] に変更
    • 削除したいファイルは [× Entire feature will be unavailable.] に変更
    → [Next] をクリック
    ※各カテゴリー左側の [+] をクリックすると詳細な項目ごとに追加ファイルを選択できます。

  11. [Ready to Modify the Application] 画面
  12. → [Next] をクリック
    → 追加インストールが始まります

  13. [EndNote 20 has been successfully installed] 画面
  14. 追加インストールが完了しました。[Finish] をクリックして終了します。
 
以上

【関連項目】