本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:EndNote 20 のアップデート履歴(Windows/Macintosh)

EndNote

Answer

EndNote 20 に配信されているアップデートによる改善点を以下に記載します。

EndNote 20 にはアップデートが配信されており、2022年4月現在の最新バージョンは下記の通りです。
  • Windows / Macintosh:20.3
本ページではこれまでのアップデートで追加・修正された機能をまとめて記載します。

■ アップデート手順はこちら
※ 各項目をクリックすると、詳細が表示されます。

【EndNote 20.3(Windows/Macintosh)】
【注意】

EndNote 20.3 for Macintosh にて PDF ファイルの添付ができない不具合が確認されております。
詳細につきましては、下記ページをご確認ください。

(Windows/Macintosh 両方へのアップデート)
  • Cite While You Write (CWYW) にRetraction Alerts(撤回論文通知機能)を実装
  • [Find Full Text] 機能を強化
  • ライブラリ画面レイアウトの改善(レコード行の高さを調整)
  • スクリーンリーダーへの対応強化
  • 脚注に引用を含む文書のアンフォーマットに関する問題を修正
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整
(Windows 版のみへのアップデート)
  • レコードに対して特定の操作を行った後、表示画面がリセットされる問題を修正
(Macintosh 版のみへのアップデート)
  • 特定の条件下でドラッグ&ドロップができない問題を修正
  • [Journal] や [Keywords] フィールドへの入力に関する問題を修正
  • macOS Big Sur 上での画面レイアウトを改善
  • EndNote 20 と EndNote X9 間のライブラリの互換性問題を修正
【EndNote 20.2.1(Windows)】

  • Word 2010 における文献挿入時の不具合を修正
  • PDF ビュアー に起因する強制終了の不具合を修正
  • [Sync Status] でグループを正しくカウントできるように修正
  • 以下のデータプロバイダーの[Find Full Text] 機能を強化
    • ACS (American Chemical Society)
    • American Phytopathological Society (APS Journals)
    • Canadian Science Publishing
    • de Gruyter
    • Emerald
    • Future Medicine
    • Hogrefe
    • Liebert
    • Microbiology Society
    • Science
    • University of Chicago Press
    • World Journal of Gastroenterology
    • World Scientific
  • 以下のデータプロバイダーが[Find Full Text] 機能に対応
    • ASM (American Society for Microbiology)
    • Health Affairs
    • RSNA (Radiological Society of North America)
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整

【EndNote 20.2(Windows/Macintosh)】

  • Retraction Alerts(撤回論文通知機能)を実装
  • グループパネル下部にグループのフィルタリング機能を実装
  • "Share Library" 機能で共有できる相手の上限が 400 名に増加
  • レコードが NVDA screenreader に対応(Windows)
  • レコードが VoiceOver screenreader に対応(Macintosh)
  • グループパネル上のキーボード操作による操作性を向上
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整

【EndNote 20.1(Windows)】

  • タブ機能を実装
  • ライブラリ画面に PDF ビュアーが復活
  • ライブラリ画面で選択している文献を Word に引用するボタンが復活
  • "Share Library" 機能で共有できる相手の上限が 200 名に増加
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整

【EndNote 20.1(Macintosh)】

  • macOS Big Sur に正式対応
  • M1 チップ(Apple Silicon)搭載の機種に正式対応
  • M1 チップ(Apple Silicon)搭載の機種の MS Word に正式対応
  • ライブラリ画面に PDF ビュアーが復活
  • ライブラリ画面で選択している文献を Word に引用するボタンが復活
  • "Share Library" 機能で共有できる相手の上限が 200 名に増加
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整

【EndNote 20.0.1(Windows)】

  • [Find Reference Updates] 機能で検出されたアップデート情報を適用してもレコードに反映されない不具合を修正
  • Sync のログ作成の不具合を修正
  • ダイレクトエクスポートの不具合を修正
  • Sync Conflict の画面表示不具合を修正
  • 項目が空欄のレコードを検索する際の不具合を修正
  • 右クリックからペーストができない不具合を修正
  • Delete キーでのレコード削除が可能になった
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整

【EndNote 20.0.1(Macintosh)】

  • Summary 画面上での著者名表示の不具合を修正
  • 各 Term List を参照し、Author、Editor、Journal、Keywords のオートコンプリート機能が働くよう修正
  • グループパネルで文字入力時、文字選択をすると文字が見えにくくなっていたのを修正
  • [Find and Replace] 機能で [Reference Type] 項目を選択できるように修正
  • ライブラリ間でレコードをコピーした際、コピー先のライブラリでコピーされたレコードが選択表示されるよう修正
  • その他諸々のバグ修正や表示の調整


【アップデート手順】
  1. 全てのアプリケーションを終了
  2. EndNote 20 の起動時に表示されるアップデート通知で [Download and Install] を選択
  3. 注意

    2021年11月現在、Windows版ではアップデート通知の画面枠をクリックすると、プログラムが強制終了する不具合が確認されております。画面が消えてしまった場合はページ下部【アップデート通知画面が消えてしまった場合】の対処法をご確認ください。


    ※画像は 20.0.1 のアップデート通知です。今後さらなるアップデートが配信された場合は画面が変更になる可能性があります。
    ※アップデート通知が表示されない場合は、下記の操作をお試しください。
    • (Windows の場合)
    • メニューバーの [Help] → [Check for Updates] をクリック
    • (Macintosh の場合)
    • メニューバーの [EndNote 20] → [Check for Updates] をクリック
  4. アップデートプログラムダウンロードが完了すると、[EndNote 20.x Setup] (Windows)または [EndNote 20.x Updater] (Macintosh) が起動します
  5. → [Next] や [Yes] で画面を進めると、アップデートのインストールが完了する
    → [Finish] や [Done] をクリックし、アップデートプログラムを終了
※ 機関のネットワークセキュリティなどの理由によってアップデートプログラムのダウンロードに失敗する場合は、弊社会員専用ページからアップデートプログラムをダウンロードし、実行してください。

【アップデート通知画面が消えてしまった場合】
Windows版で、アップデート通知の画面枠をクリックした際に画面が消えてしまった場合は以下の手順でご対応ください。
  1. タスクバーにマウスカーソルをもっていき、右クリック
  2. メニューから [タスクマネージャー] を選択
  3. EndNote 20 のプログラムを選択し、[タスクの終了] をクリック
  4. 再度 EndNote 20 を起動し、アップデートを実行してください
以上