本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:ライブラリデータの破損に備えてバックアップを作成する方法

EndNote

Answer

EndNote ライブラリのデータを誤って削除してしまったり、予期せぬ原因でライブラリデータが
破損してしまい開けなくなってしまったり、パソコンが故障し起動できなくなってしまうなど、
様々な要因で長時間かけて収集した大切な研究資料を失ってしまうことがあり得ます。
※特に、最近は Dropbox や icloud などのオンラインストレージ上にライブラリデータを
 保存することで、データが破損してしまうお問い合わせが急増しています。
 詳細はこちらをご参照ください。

そのような場合に備えるため、定期的にライブラリデータのバックアップを作成することを
おすすめします。下記にその方法を記載します。
なお、パソコンの故障に備える場合、下記の操作で作成されるバックアップファイルを
USB などの外部記憶媒体にも保存しておく必要があります。
 
【ライブラリのバックアップ作成方法 1:Compressed Library】
EndNote のライブラリデータ([ライブラリ名].enl ファイルと [ライブラリ名].Data フォルダ)を
一つのファイルに圧縮して保存することができます。
※ただし、ファイル容量に上限があり 4GB までのデータしか作成できません。
 ライブラリの容量が 4GB を超える場合は、下記【ライブラリのバックアップ作成方法 2:Save a Copy】でご対応ください。

 1) バックアップを取りたい EndNote ライブラリを起動
 2) メニューバーの [File] → [Compressed Library]
   ※バージョンによっては [File] → [Compressed Library] → [Create] を選択
    または [File] → [Send to] → [Compressed Library]
 3) 出現する画面で [Create]、[With File Attachments]、[All References in Library] が
   選択されている状態で [Next] をクリック
   ※バージョンによっては、こちらの選択画面は出現しません
 4) 任意の場所に、任意のファイル名で保存
   ※ライブラリの容量によって多少時間がかかることがあります。
 5) [ 4) で設定したファイル名].enlx という単一のファイルが作成される
  
   ※パソコンが拡張子を表示しない設定になっている場合、".enlx" は表示されません。
   ※アイコンのデザインは EndNote のバージョンによって多少異なります。
    上記画像は EndNote X9 です。各バージョンの通常のライブラリファイル(.enl)と
    同様のデザインに圧縮器の影が映り込んでいるアイコンになります。(X6 以降)
    (X5 以前は通常のライブラリファイルと同じアイコンで表示されますのでご注意ください)

(Compressed Library のメリット)
・[ライブラリ名].enl ファイルと [ライブラリ名].Data フォルダが離れてしまうことがない
・ファイルを移動させるときに破損しにくい
・解凍すれば何度でも圧縮前の状態のデータを再作成できる(zip ファイルなどと同様)
 
(解凍方法)
EndNote がインストールされているパソコンで ".enlx" ファイルをダブルクリックなどで
開けば、".enl" ファイルと ".Data" フォルダが作成され、ライブラリが開きます。
※解凍時に開いたライブラリに変更を加えた場合、その内容は作成された ".enl" ファイルと
 ".Data" フォルダに保存されます。".enlx" には変更が反映されませんのでご注意ください。
※上述の通り、".enlx" ファイルの内容は作成時から更新されませんので、定期的に ".enlx" ファイルを
 作成することをおすすめします。上記画像のように作成時の日付やバックアップであることが
 分かる語句(例:BK、など)を含めると、より管理しやすくなります。
 
【ライブラリのバックアップ作成方法 2:Save a Copy】
EndNote のライブラリデータ([ライブラリ名].enl ファイルと [ライブラリ名].Data フォルダ)の
コピーを作成します。
 1) バックアップを取りたい EndNote ライブラリを起動
 2) メニューバーの [File] → [Save a Copy]
 3) 任意の場所に、任意のファイル名で保存
   ※ファイル名には作成時の日付やバックアップであることが分かる語句(BK など)を
    含めると、より管理しやすくなります。
   ※ライブラリの容量によって多少時間がかかることがあります。
  
 4) [ 3) で設定したファイル名].enl ファイルと [ 3) で設定したファイル名].Data フォルダが
   作成される
  
   ※パソコンが拡張子を表示しない設定になっている場合、".enl" は表示されません。
   ※アイコンのデザインは EndNote のバージョンによって多少異なります。
    上記画像は EndNote X9 です。
 
【ライブラリのバックアップ作成方法 3:Sync】(EndNote X6 以降の場合)
EndNote X6 以降の EndNote には EndNote ウェブ版のアカウントと Sync(同期)する
機能が実装されています。Sync を実行することで EndNote ライブラリのデータをすべて
EndNote ウェブ版にアップロードできるので、事前にそれを行っておけばメニューバーの
[File] → [New] で作成した新しいライブラリでそのウェブアカウントと同期すれば、
ウェブ版に溜まっているすべてのデータをダウンロードできます。
※ただし、1つのデスクトップ版 EndNote のライセンスで作成できる同期用ウェブアカウントは
 1つのみです。よって、本機能で複数のライブラリのバックアップを作成することは
 できかねます。複数のライブラリのバックアップを作成する際は上記他の方法をご利用ください。
※同期用ウェブアカウントには有効期限がありますのでご注意ください。詳細はこちら
 
同期の機能の設定方法についてはこちらのページをご参照ください。
 
以上
 
【関連項目】
別のPCにライブラリデータや利用環境を移行する方法
ライブラリをメールで送る方法
Dropbox や icloud などのオンラインストレージサービスと EndNote の互換性について
EndNoteウェブ版との同期(Sync)設定について