本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:ExcelやFileMakerのデータをEndNoteに取り込む方法

EndNote

Answer

Excel のデータをレファレンスとして取り込む方法は下記の通りです。
※FileMaker のデータを取り込む場合は、一度 FileMaker のデータを Excel に出力し、
 その後同様の手順で EndNote に取り込みます。
 
【手順 1:Excel ファイルを EndNote に取り込める形式に整理(= A.xls とする)】
 1) ルールに則ってデータを入力(こちらのマニュアル、または製品付属の操作ガイドの
   [Excel からのデータの取り込み] 関連の項目をご参照ください)
   ※この時に作成する各列の項目名は、EndNote の [Reference Type] が
    使用している項目の名称と順番を一致させる必要があります。
    EndNote にあって Excel にない項目は無視して構いません。
    ※著者名と著者名の区切りは "//" に統一されていることを前提として説明します。
    通常は「; (セミコロン)」「, (半角カンマ)」「,(全角カンマ)」や「and」など、
    異なる記号を利用していると思いますので、統一させてください。統一するための
    文字変換の操作手順の詳細はこちらのマニュアルをご参照ください。
 
【手順 2:Excel ファイルを名前を付けて保存】
 1) Excel のメニューバーの [ファイル] → [名前を付けて保存]
 2) [ファイルの種類:] の欄で [テキスト (タブ区切り)] を選択
 3) 任意の名前を付ける
 4) 任意の保存先を指定
 5) [保存] をクリック(= B.txt とする)
 
【手順 3:任意のテキストエディターソフトを使って、B.txt を編集】

 1) 1行目の [Reference Type](例:"*Journal Article")の後ろにインデントやスペースなどが
   入っている場合は、それらを削除
 2) 各行の終わりにもスペースが入らないようにする
 3) 2行目に、取り込む各データの項目の名称が列記されていることを確認
 4) [File] → [名前を付けて保存] を選択
 5) [文字コード:] の欄で [UTF-8] を選択
 6) [保存]ボタンをクリック(= C.txt とする)
 
【手順 4:EndNote で C.txt を取り込む】
(Windows の場合)
 1) EndNote を起動し、ライブラリを開く
 2) EndNote のメニューバーの [File] → [Import] → [File] をクリック
 3) [Choose:]ボタンをクリック
 4) "C.txt" を指定し、開く
 5) [Import Option:] の欄で [Tab Delimited] を選択
 6) [Text Translation:] の欄で [Unicode (UTF-8)] を選択
 7) [Import] ボタンをクリック
 8) 取り込みが完了
 
(Macintosh の場合)
 1) EndNote を起動し、ライブラリを開く
 2) EndNote のメニューバーの [File] → [Import] をクリック
 3) "C.txt" を指定
 4) 画面下部の [Import Option:] の欄で [Tab Delimited] を選択
   ※[Import Option:] の欄が表示されていない場合は、画面左下の
    [Options] をクリックして表示させてください。
 5) [Text Translation:] の欄で [Unicode (UTF-8)] を選択
 6) [Import] ボタンをクリック
 7) 取り込みが完了
 
以上
 
【関連項目】
EndNote のデータを Excel や FileMaker に出力する方法
他のソフトで文献情報を管理しています。EndNote にデータを移すことはできますか?