本文へスキップします。

【全】メガメニュー
H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2019/07/22

臀筋跛行:体動時に必発する左臀部の限局性疼痛の原因は?

論文タイトル
Buttock claudication: what induces pain only in the left buttock on every movement?
論文タイトル(訳)
臀筋跛行:体動時に必発する左臀部の限局性疼痛の原因は?
DOI
10.1136/bcr-2019-231271
ジャーナル名
BMJ Case Reports
巻号
BMJ Case Reports Volume 12 Issue 6
著者名(敬称略)
多胡 雅毅
所属
佐賀大学医学部附属病院総合診療部

抄訳

完全房室ブロック、永久ペースメーカー植え込み術後、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞の既往がある89歳男性が、3日前から左臀部痛を自覚した。安静時には痛みは消失するが、起立や歩行動作などの体動時には必ず出現し、歩行困難となった。外傷や皮疹、臀部の圧痛や神経根症状はなかった。血液検査でDダイマーが1.24µg/mLと上昇しており、造影CTでは左上殿動脈に血栓閉塞を認め、上殿動脈閉塞による臀筋跛行と診断した。ペースメーカーの波形記録で発作性心房細動を認め、直接経口抗凝固薬を開始した。 臀筋跛行は内腸骨動脈、またはその分枝の虚血で生じる。確定診断は画像検査で行うが、体動時痛以外に症状がないため診断が難しい。内腸骨動脈領域の虚血による臀筋跛行の概念を知っておくことが、迅速で正確な診断につながる可能性がある。本症例のように体動時に必発し、安静時に改善する限局性の臀部痛を診た場合、臀筋跛行を想起する必要がある。

論文掲載ページへ