本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2020/03/26

妊娠ウシにおける子宮内エクソソームのIFNT非依存的な効果

論文タイトル
IFNT-independent effects of intrauterine extracellular vesicles (EVs) in cattle
論文タイトル(訳)
妊娠ウシにおける子宮内エクソソームのIFNT非依存的な効果
DOI
10.1530/REP-19-0314
ジャーナル名
Reproduction
巻号
Vol.159 No.5 (503-511)
著者名(敬称略)
中村 圭吾, 草間 和哉 他
所属
東京薬科大学  薬学部 薬理学教室

抄訳

子宮内に存在するエクソソームを始めとした細胞外小胞(EVs)は胚着床期の胞胚と子宮内膜の相互作用に関与している。しかしながら、これらEVsは、ウシの妊娠認識物質であるIFNTを含むため、それにより効果がマスクされ、その詳細な作用が不明である。本研究では、胚由来EVsの子宮内膜へのIFNT非依存的な効果を調べるため、非妊娠または妊娠子宮内EVs、さらにIFNTを初代培養ウシ子宮内膜細胞に処置し、それぞれの遺伝子発現をRNA-seqにより網羅的に調べた。3群の比較により、IFNT非依存的に変化する82の遺伝子を同定し、その多くがTNF関連因子であった。さらに、妊娠子宮内EVsにはTNFファミリーであるCD40Lが多く存在しており、これが子宮内膜のCD40と結合することでNF-kBシグナリングを活性化させることを示した。これらの結果から、ウシ妊娠着床期における胚由来EVsは、子宮内膜に作用し、IFNT非依存的に炎症反応を起こすことで、子宮内膜の受容能の調節と、胚着床を誘導することが示唆された。

論文掲載ページへ