本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2020/11/02

室傍核ダイノルフィンAニューロンは低栄養による生殖機能抑制を仲介する

論文タイトル
Paraventricular Dynorphin A Neurons Mediate LH Pulse Suppression Induced by Hindbrain Glucoprivation in Female Rats
論文タイトル(訳)
室傍核ダイノルフィンAニューロンは低栄養による生殖機能抑制を仲介する
DOI
10.1210/endocr/bqaa161
ジャーナル名
Endocrinology
巻号
Endocrinology Vol.161 No.11 (bqaa161)
著者名(敬称略)
土田 仁美, 束村 博子 他
所属
名古屋大学 大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物生殖科学

抄訳

哺乳類では、低栄養に陥ると生殖機能が抑制され、次の妊娠を回避するメカニズムが脳内に備わっている。ヒトや家畜を含む動物の生殖機能は、視床下部弓状核に局在するキスペプチンニューロンが、視床下部の性腺刺激ホルモン放出ホルモンニューロンを刺激し、ひいては下垂体からの性腺刺激ホルモン放出を促すことによってコントロールされる。我々は、後脳第4脳室に2デオキシ-D-グルコース(2DG、グルコース利用阻害剤)を投与した低栄養モデル雌ラットにおいて、室傍核のダイノルフィンAニューロンに神経活性化マーカが発現し、ダイノルフィン受容体(KOR)拮抗剤の脳内投与が2DGによる性腺刺激ホルモン分泌の抑制を阻害すること、また弓状核キスペプチンニューロンにKORが発現することを示した。以上より、低栄養時には、室傍核を起始核とするダイノルフィンAニューロンが活性化され、直接弓状核のキスペプチンニューロンを抑制することにより生殖機能が抑制されることが明らかとなった。本知見が、家畜の繁殖障害やヒトの生殖医療における不妊治療などに応用されることが期待される。

論文掲載ページへ