本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2020/11/17

Sphingobium sp. SYK-6株のシリンガ酸脱メチル酵素遺伝子desAの転写制御システム

論文タイトル
The Syringate O-Demethylase Gene of Sphingobium sp. Strain SYK-6 Is Regulated by DesX, while Other Vanillate and Syringate Catabolism Genes Are Regulated by DesR
論文タイトル(訳)
Sphingobium sp. SYK-6株のシリンガ酸脱メチル酵素遺伝子desAの転写制御システム
DOI
10.1128/AEM.01712-20
ジャーナル名
Applied and Environmental Microbiology
巻号
Applied and Environmental Microbiology Volume 86, Issue 22
著者名(敬称略)
荒木 拓馬、上村直史、政井 英司 他
所属
長岡技術科学大学・生物機能工学専攻 微生物代謝工学研究室

抄訳

リグニンの有効利用法として、リグニンを化学的に低分子化し、得られる芳香族化合物を微生物の代謝能により有価物に変換する技術が注目されている。Sphingobium sp. SYK-6株は、リグニンの主要な分解物であるシリンガ酸およびバニリン酸を代謝する過程でポリマー原料となる中間代謝物を生成する。SYK-6株を基盤としたリグニン変換システムを構築するには、これら化合物の取り込みおよび分解酵素遺伝子を同定し、その転写制御系を明らかにする必要がある。本研究では、SYK-6株のシリンガ酸脱メチル酵素遺伝子desAの転写制御が、IclR型転写制御因子DesXによって負に制御されること、DesXによる負の制御は、シリンガ酸またはバニリン酸存在下で解除されることを明らかにした。以上の結果と、MarR型転写制御因子DesRによるligMdesBの転写制御系に関する知見から、SYK-6株のシリンガ酸・バニリン酸代謝制御系の全体像が明らかとなった。

論文掲載ページへ