本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2021/03/01

バソプレシン産生ニューロンから放出されるGABAは,サーカディアンリズム中枢・視交叉上核の分子時計が何時に行動を引き起こすかを制御する

論文タイトル
GABA from vasopressin neurons regulates the time at which suprachiasmatic nucleus molecular clocks enable circadian behavior
論文タイトル(訳)
バソプレシン産生ニューロンから放出されるGABAは,サーカディアンリズム中枢・視交叉上核の分子時計が何時に行動を引き起こすかを制御する
DOI
10.1073/pnas.2010168118
ジャーナル名
Proceedings of the National Academy of Sciences
巻号
PNAS February 9, 2021 118 (6) e2010168118
著者名(敬称略)
前島 隆司、三枝 理博 他
所属
金沢大学 医薬保健研究域 医学系 統合神経生理学

抄訳

視床下部の視交叉上核は、中枢時計として、安定したサーカディアンリズムを発振する機能と、動物の行動や身体機能をオン・オフにする時間帯を定める機能を持つ。今回、視交叉上核の背内側部に局在するバソプレシン/GABA神経が、GABA伝達を介して視交叉上核の神経活動を制御し、動物が行動を起こす時間帯を設定することを明らかにした。バソプレシン神経から特異的にGABA放出能を欠損させた遺伝子改変マウスは、時計遺伝子により駆動される視交叉上核の分子時計リズムには異常がないものの、行動の開始時刻が分子時計の進みに対して早くなり、終了時刻は遅れるという異常を示した。また視交叉上核全体の神経活動は、正常マウスでは、昼に高く夜に低い、単峰性のリズムを示すが、この遺伝子改変マウスでは、昼に加え、夜にも活動のピークを生じる二峰性のリズムを示し、神経活動が低下するリズムの谷間に、動物の行動が表出することが分かった。このようにGABAを介した視交叉上核の神経活動調節は、分子時計上の適切な時間帯に脳や身体機能をオン・オフするタイマー設定を担っていると見なせる。

論文掲載ページへ