本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2021/04/26

酢酸リンゲル液とレミマゾラムベシル酸塩の配合変化により静脈カテーテルが完全に閉塞した一例

論文タイトル
Incompatibility of remimazolam besylate with Ringer’s acetate infusion resulting in total occlusion of an intravenous catheter
論文タイトル(訳)
酢酸リンゲル液とレミマゾラムベシル酸塩の配合変化により静脈カテーテルが完全に閉塞した一例
DOI
10.1136/bcr-2021-241622
ジャーナル名
BMJ Case Reports
巻号
BMJ Case Reports Vol.14 Issue 4 (2021)
著者名(敬称略)
松尾 光浩
所属
富山大学 学術研究部医学系 麻酔科学講座

抄訳

超短時間作用型のベンゾジアゼピン誘導体であるレミマゾラムベシル酸塩と輸液との配合変化は不明な点が多い。症例は65歳男性で,高位脛骨骨切り術を受けた。レミマゾラム溶液(5 mg/mL)を用いて全身麻酔を導入した後,酢酸リンゲル液(Physio140®)点滴に接続した点滴チューブの内腔が沈殿物で完全に閉塞されていることに気付いた。In vitroでレミマゾラム溶液(5 mg/mL)とPhysio140®溶液を混合すると、直ちに沈殿物が生成された。核磁気共鳴分析により,この沈殿物がレミマゾラムそのものであることが判明した。紫外分光光度計で調べたところ,レミマゾラム溶液に対するPhysio140®の比率が高い溶液では,pHの上昇とともにレミマゾラムの溶解度が著しく低下した。沈殿物の生成を避けるためには,レミマゾラム濃度と輸液のpHを考慮することが重要と考えられる。

論文掲載ページへ