本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2021/06/01

胃腺腫と亜急性連合性脊髄変性症を合併した自己免疫性胃炎の一例

論文タイトル
Autoimmune gastritis concomitant with gastric adenoma and subacute combined degeneration of the spinal cord
論文タイトル(訳)
胃腺腫と亜急性連合性脊髄変性症を合併した自己免疫性胃炎の一例
DOI
10.1136/bcr-2021-242836
ジャーナル名
BMJ Case Reports
巻号
BMJ Case Reports Vol.14 Issue 5 (2021)
著者名(敬称略)
谷口 正浩 仲瀬 裕志
所属
札幌医科大学 医学部 消化器内科学講座

抄訳

自己免疫性胃炎(AIG)は、自己免疫機序による壁細胞の破壊、胃底腺領域の萎縮を特徴とする慢性胃炎である。AIGは胃腫瘍やビタミンB12欠乏を引き起こし、後者は悪性貧血や神経障害の原因となりうる。今回、胃腺腫と亜急性連合性脊髄変性症(SCD)を合併したAIGの一例を経験した。 症例は62歳の女性で、貧血精査のため当科に紹介となった。血液検査で軽度の大球性貧血、ビタミンB12低値を認め、上部消化管内視鏡検査(EGD)で胃体部優位の萎縮性胃炎と胃体部に扁平隆起を認めた。AIGによるビタミンB12欠乏及び早期胃癌を疑い、追加検査の結果判明後にビタミンB12投与と内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を予定した。EGDの数日後から歩行障害が出現し、神経内科での神経診察、MRI検査の結果、SCDと診断された。ビタミンB12投与で神経症状、貧血は改善し、抗壁細胞抗体及び抗内因子抗体陽性、血清ガストリン高値、ペプシノーゲンI低値を認めたことからAIGと診断した。その後、胃腫瘍に対しESDを施行し、病理組織検査は腺腫の診断であった。胃腺腫とSCDを合併したAIGは稀であり、AIGの早期診断と合併症に対する適切な対応の重要性が示唆された一例と考え報告する。

論文掲載ページへ