本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2016/06/27

エストロゲンは骨格筋と筋幹細胞の機能維持に重要である

論文タイトル
Estrogens maintain skeletal muscle and satellite cell functions
論文タイトル(訳)
エストロゲンは骨格筋と筋幹細胞の機能維持に重要である
DOI
10.1530/JOE-15-0476
ジャーナル名
Journal of Endocrinology BioScientifica
巻号
J of Endocrinology Vol.229 No.6 (2016) 267-275
著者名(敬称略)
北島 百合子、小野 悠介
所属
長崎大学原爆後障害医療研究所 幹細胞生物学研究分野(原研幹細胞)

抄訳

エストロゲンは,全身を通して組織や臓器に広く作用し,生体恒常性を維持している。そのため,エストロゲン分泌を減少させる過酷なダイエットによるエネルギー不足や閉経による卵巣機能低下は,骨粗鬆症を含む様々な病態の引き金となる。骨格筋はエストロゲン受容体を発現するが,骨格筋の機能維持におけるエストロゲンの役割は詳しくわかっていない。我々は,若齢雌性マウスの卵巣を摘出し,長期のエストロゲン欠乏状態が骨格筋に与える影響を検証した。その結果,エストロゲン欠乏により,筋力低下,筋萎縮,筋線維型の速筋化が観察された。さらに,骨格筋の修復・再生に欠かせない筋幹細胞を調べたところ,エストロゲン欠乏により,その数に変化は認められなかったものの,増殖・分化・自己複製などの幹細胞としての機能が著しく低下していた。薬剤により筋損傷を誘導したところ,エストロゲン欠乏マウスは不完全な筋再生を呈した。以上の結果から,エストロゲンは,骨格筋のみならず筋幹細胞にも作用し,筋力維持や筋再生に重要な役割を果たしていることが明らかになった。本研究は,女性特有の骨格筋の機能維持メカニズムの存在を示す所見である。

論文掲載ページへ