本文へスキップします。

H1

Q&A詳細

コンテンツ
Q&A詳細

Q&A(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:ライブラリを復元する方法(.Data フォルダが残っている場合)

EndNote

Answer

EndNote のライブラリファイル(拡張子.enl)が何かしらの理由でなくなってしまった場合、
「ライブラリ名.Data」のフォルダがパソコン内に残っていれば、以下の手順で復元できる
可能性があります。
※こちらの操作で 100% 復元できるわけではございません。あらかじめご了承ください。
 
【[ライブラリ名].Data フォルダからライブラリを復元する方法】
EndNote のライブラリは基本 [ライブラリ名].enl ファイルと [ライブラリ名].Data フォルダの
二つで構成されていますが、重要な情報はすべて [ライブラリ名].Data の方に保存されています。
[ライブラリ名].enl ファイルは基本 [ライブラリ名].Data を開く鍵のような役割ですので、
別途 [ライブラリ名].enl ファイルを作成すれば、[ライブラリ名].Data の中身を表示できます。

(手順 1:テキストファイルを新規作成)
 1) Windows の「メモ帳」や Macintosh の「テキストエディット」など、
   シンプルな文字入力アプリを起動。(Word でも可)
 2) 何も入力せず、[名前を付けて保存]
   → ライブラリ名と同じ名前で、[ライブラリ名].Data フォルダと同じ場所に保存
     ※「[ライブラリ名].Data フォルダの中に保存」ではありませんので、ご注意ください。
   例:「.Data」フォルダが「My EndNote Library.Data」だった場合、
     「My EndNote Library.txt」や「My EndNote Library.docx」で保存
     ※拡張子は使用したアプリによって異なります。
 
(手順 2:上記で保存したファイルの拡張子を ".enl" に変更)
※パソコンによっては拡張子を表示しない設定になっています。その場合拡張子を表示するよう
 設定を変更してから操作してください。
 1) 「手順 1」で作成したファイルをパソコン上に表示させる
 2) ファイル名の変更を行い、拡張子を ".enl" に変更する
   例:「My EndNote Library.txt」 → 「My EndNote Library.enl
     「My EndNote Library.docx」 → 「My EndNote Library.enl
 3) 拡張子を ".enl" に変更すると、アイコンが EndNote のものに変更される
 
以上の操作で [ライブラリ名].Data と [ライブラリ名].enl が揃うので、[ライブラリ名].enl を
ダブルクリックなどで開き、それまで収集していた文献情報が正しく表示されるか確認。

以上
 
【関連項目】
ライブラリデータの破損に備えてバックアップを作成する方法