本文へスキップします。

【全】メガメニュー
H1

FAQ詳細

コンテンツ
FAQ詳細

FAQ(よくあるご質問)

当社に寄せられるユーザー様からのご質問の中で、よくあるものを記載しています。
下記にも記載の無い内容でご不明な点は、こちらのお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

Q:デスクトップ版 EndNote から取得した同期用ウェブアカウントの期限が切れたらどうなりますか?

EndNote

Answer

デスクトップ版 EndNote から登録できるウェブアカウントには添付容量無制限で利用できる期限(プレミアム期限)があります。その期限は、原則登録した日から2年間です。
※次期バージョンのリリースがされていないなど、開発元の方針で期限が自動延長されることがあります。

期限が過ぎたあとウェブアカウントにサインインすると、EndNote basic(無料アカウント)に移行するよう指示されます。
EndNote ウェブ版のサインインページ(外部サイト)
 
無料アカウントに移行したあとも同期機能は引き続き利用可能ですが、下記のように機能が大きく制限されます。

・保有レコード数の制限 : 無制限 → 50,000件
・添付ファイルの容量制限: 無制限 → 2GB
・その他
 ※ご所属機関で有料の学術文献データベース "Web of Science" を購読しているかどうかで無料アカウントの機能が変わってきます。
  各ウェブアカウントの機能の詳細はこちらの資料をご参照ください。
 
無料アカウントでは登録レファレンス数や添付ファイルの容量が制限されますが、その制限のためにデータが自動で削除されることはありません。ただし、移行直後に制限を超えていた場合は、ユーザーが手動で制限以内になるようデータを削除するまでデータの追加や編集、デスクトップ版・iPad版との同期はできなくなります。
※ウェブアカウントでデータの削除を行うと、同期を行った際にデスクトップ版、iPad版の EndNote のデータも削除されますのでご注意ください。
 
最新版のEndNoteにアップグレードし、ウェブアカウントを更新すれば引き続き高機能のウェブアカウントをご利用いただけます。
 
ウェブアカウントの期限が切れそうになりましたらデスクトップ版 EndNote を最新のバージョンにアップグレードすることをご検討いただけますと幸いです。
 
以上
 
【関連項目】
転送・同期・共有機能用ウェブアカウントの期限について