本文へスキップします。

【全】メガメニュー
H1

ユサコニュース詳細

コンテンツ

記事詳細

USACO News:詳細

2019/01/15:2019年新春号 社長挨拶

社長挨拶 Share (facebook)

 新年あけましておめでとうございます。平素はユサコニュースをご愛読いただき誠にありがとうございます。

 

 2018年のユサコニュースではAIやオープンアクセスといったキーワードが多くみられました。今年もその傾向は続くものと思われますが,引き続き学術情報のトレンドを積極的にお伝えしてまいります。

 

 また,2019年は例年以上にお客様とのコミュニケーションの機会を増やすよう努力してまいります。ユサコニュースの配信に限らず,セミナー等の開催機会も増やしてまいります。是非ご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

 なお,昨年はScienceジャーナルと共同でセミナーを開催いたしました。その要旨をご紹介いたします。下記のサイトを是非ご覧ください。

 

https://www.asca-co.com/science-japan-meeting-2018.html

 

本年もご愛顧いただきますようよろしくお願い申し上げます。

2019年(平成31年)1月
ユサコ株式会社
代表取締役 山川真一

 

BioOne:新プラットフォームをローンチ Share (facebook)

 生物(生命)科学,生態学,環境科学系の電子ジャーナルを提供するBioOneは,2019年1月1日に新しいプラットフォームをローンチしました。

 

 新プラットフォームはモダンで直感的な操作画面となっており,検索や閲覧の利便性が向上しています。また,My Library機能は関連論文へのアクセスや整理を容易にし,今日の研究者に必要とされるデザインになっています。

 

 プラットフォームの提供には非営利組織のSPIE(国際光工学会)が協力しており,URLのドメイン名は従来と同じ“bioone.org”となります。

 

・BioOne Complete
https://bioone.org/

 

・BioOne: 収録論文が150万ページを突破(ユサコニュース 2018年6月)
https://www.usaco.co.jp/u_news/detail.html?itemid=194&dispmid=605

 

・BioOne:Google Scholar のCASAに対応(ユサコニュース 2018年7月)
https://www.usaco.co.jp/u_news/detail.html?itemid=191&dispmid=605

 

ユサコオンラインショップ:新商品追加 Share (facebook)

 ユサコオンラインショップでは,数式処理ソフト『Maple』と,日本語入力システム用変換辞書ソフト『医療辞書2018』の取り扱いを開始しました。

 

 『Maple』は,数式処理研究者,天体物理・理論物理・材料科学・構造力学などの研究者やエンジニアに世界中で愛用されている数式処理ソフトです。

 

 科学・技術・工学・数学に関する統合的計算環境で数式計算・数値計算を行うだけでなく,
実行可能な技術文書作成や計算アプリ開発など,様々なシーンで活用されています。

 

▼数式処理ソフト『Maple』の商品詳細はこちら
 http://www2.usaco.co.jp/shop/pages/product_maple.aspx

 『医療辞書2018』は,医療関係の専門用語を約40万語以上収録した日本語入力システム用変換辞書ソフトです。

 

 電子カルテ,医療関連システムやパソコンなどの基本辞書として最適です。
日々の業務で医療専門用語の変換を必要とされる方にお勧めです。

 

▼『医療辞書2018』の商品詳細はこちら
 http://www2.usaco.co.jp/shop/g/giryou-jisyo2018/

【Maple・医療辞書2018についてのお問い合わせ】
ユサコ株式会社 アカデミア事業部 営業部 EC Sales

shop@usaco.jp

NVivoワークショップ(3月・東京開催) Share (facebook)

 2019年3月にNVivoワークショップを東京で開催します。

 

 NVivoワークショップは,認定トレーナーを講師にむかえ,NVivoの基礎知識を実習形式で学べる2日間の体験型セミナーです。

 

 2019年3月開催の回からは,最新版「NVivo 12 for Windows」を使用しての講義になります。

 

 最近NVivoを使用し始めた方にはもちろん,NVivo 11以前のバージョンをお持ちの方にも最新バージョンでの実習を体験いただける機会としておすすめです。

 

■開催概要
 日時:
  2019年3月14日(木)・15日(金) 9:30~16:30(各日)
  2019年3月25日(月)・26日(火) 9:30~16:30(各日)
 講師:甲南大学 中里英樹 先生(NVivo認定トレーナー)
 会場:ヒートウェーブレンタルルーム新宿(東京・新宿)
 内容:NVivoで作業を始めるための基礎知識の学習と実習体験
 定員:16名
 料金(税込):2日間コース 74,520円(一般),62,640円(学生)

 

※「NVivo 12 for Windows」を使用いたします。
※1日目のみの参加も可能です。また,1日目の学習内容を十分ご理解の上,
 別の機会に2日目のみに参加いただくこともできます。
※参加者様1名につきパソコン1台をご用意しております。

 

▼ワークショップ詳細・参加申し込みはこちら
http://www2.usaco.co.jp/shop/pages/nvivo-training.aspx

 

毎回好評のワークショップですので,参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

 

▼ワークショップに関するお問い合わせはこちら
 ユサコ株式会社 アカデミア事業部 営業部 EC Sales

 mail-NVivo

皆様のご参加をお待ちしております。

 

EndNote無料オンラインセミナーのお知らせ Share (facebook)

 EndNoteの無料オンラインセミナーを下記の通り開催いたします。場所を問わず気軽に参加できるオンラインセミナーをぜひご利用ください。

 

▼オンラインセミナー詳細・お申し込みはこちら
 http://www2.usaco.co.jp/shop/pages/en_nvivo_webinar.aspx

 

● 開催概要:
日時:
 2019年2月6日(水)17:00 - 18:00
 2019年2月21日(木)17:00 - 18:00

 

内容:EndNoteを使い始めよう!
(1) 製品インターフェース紹介・用語解説

 

(2) EndNoteと言えばコレ! - 投稿規定に合わせた参考文献リスト自動作成 -
 2-1.EndNoteからWord上に文献を引用挿入する
 2-2.投稿するジャーナルのフォーマットに変更する
 2-3.投稿先のフォーマットがない時は?
 2-4.Word上から引用挿入した参考文献を削除する

 

(3) EndNoteに文献を保存 - PDF,PubMedから文献情報を取り込む -
 3-1.新しくライブラリを作成する
 3-2.PDFから取り込む
 3-3.PDFからの取り込みがうまくいかない時は?
 3-4.PubMedから取り込む

 

(4) EndNoteでPDFをカンタン整理 - PDF自動ダウンロード,PDF添付 -
 4-1.取り込んだ文献情報のPDFを自動ダウンロードする
 4-2.PDF自動ダウンロード機能を使う時の注意点
 4-3.手動でPDFを添付する

 

  最新版EndNote X9(Windows)を使って,基本操作(文献収集・管理,論文作成支援)をご説明します。これからEndNoteを使い始める方や,基本操作に慣れていない方にオススメです。

 

▼オンラインセミナーに関するお問い合わせはこちら
 ユサコ株式会社 アカデミア事業部 営業部 EC Sales
 shop@usaco.jp

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

エディテージ:「トップジャーナル英文校正」をリリース Share (facebook)

 2018年12月,学術論文投稿支援サービスを提供するエディテージから待望の新サービス「トップジャーナル英文校正」がリリースされました。

 

 トップジャーナル英文校正は,論文の研究内容まで踏み込んで,改善ポイントを提案する新しいタイプの英文校正サービスです。

 

「研究デザインの強みは何なのか」
「研究課題について完全に言及できているか」
「結果は論理的に筋が通っているか」

 

 多くの著者は,研究デザインと研究成果におけるギャップを投稿前に言及する機会がなかったため,査読者からのコメントを元にリバイスする際,同僚の助言を受けるなどして数週間かかってしまうことが多いです。

 

 これに費やされる時間は,論文アクセプトの可能性を下げるだけでなく,出版サイクルが煩雑化することで著者のモチベーションを下げることにつながっていました。
これらの悩みを解決するサービスが「トップジャーナル英文校正」です。

 

 トップジャーナル英文校正では,ジャーナルでの査読者経験がある選りすぐりの校正者が,研究内容まで踏み込んで論文の改善ポイントをご提案する「論文完成度評価レポート」を納品します。

 

 また,プレミアム英文校正(論理構造まで踏み込む英文校正)を担当する校正者の一部のエキスパートが,投稿先のジャーナルが好む文体や表現を分析し,英文校正に応用します。

 

 著者は改善ポイントを反映させた原稿をジャーナルに投稿することで,出版サイクルの短縮化を実現できます。

 

【トップジャーナル英文校正の特徴】
・ジャーナルでの査読者経験があるベテラン校正者による論文の完成度を
科学的観点から詳細にまとめた「論文完成度評価レポート」を付属します。
・プレミアム英文校正を担当する一部のエキスパート校正者が,
投稿ジャーナルの好みを徹底分析し,文体・表現まで踏み込み校正します。
・修正原稿の確認,査読返信メールの校正,再フォーマット調整を
投稿ジャーナルが変わっても1年間何度でも無料で対応します。
・「iThenticate剽窃チェックレポート」を無料で提供し,意図しない盗用を未然に防ぎます。
 剽窃チェックは英文校正終了後の原稿に対して実施します。

 

▼学術論文投稿支援サービス「editage(エディテージ)」の詳細はこちら
 http://www2.usaco.co.jp/shop/c/ceditage/

 

展示・セミナーのご案内 Share (facebook)
日時 展示・セミナー名 会場
2019年2月12日(火)~2月14日(木)

第10回JBFシンポジウム

パシフィコ横浜
2019年3月21日(木)~3月23日(土)

第18回日本再生医療学会総会

神戸国際会議場・神戸国際展示場
2019年5月23日(木)~5月25日(土)

第62回日本糖尿病学会年次学術集会

仙台国際センター他
2019年7月6日(土)~7月7日(日)

Best of ASCO in Japan

東京ビッグサイト

ユサコニュース一覧に戻る