本文へスキップします。

H1

日本人論文詳細

日本人論文紹介:詳細

2020/10/07

蛍光シグナル増幅のためのAmplibodyと膨張顕微鏡法を用いた一次繊毛および中心小体の実用的な超解像イメージング法

論文タイトル
Practical method for superresolution imaging of primary cilia and centrioles by expansion microscopy using an amplibody for fluorescence signal amplification
論文タイトル(訳)
蛍光シグナル増幅のためのAmplibodyと膨張顕微鏡法を用いた一次繊毛および中心小体の実用的な超解像イメージング法
DOI
10.1091/mbc.E20-04-0250
ジャーナル名
Molecular Biology of the Cell
巻号
Molecular Biology of the Cell Volume 31, Issue 20(2157-2288)
著者名(敬称略)
加藤 洋平, 千葉秀平, 中山和久
所属
京都大学大学院 薬学研究科 生体情報制御学分野

抄訳

 一次繊毛は細胞膜から突出した構造であり、直径が約0.3μm、長さが約3μmである。このサイズは光の回折限界に近いため、回折限界以下の繊毛の構造は超解像顕微鏡や電子顕微鏡を用いなければ観察することができない。膨張顕微鏡法(ExM: Expansion microscopy)は、高吸水性ゲルを用いて試料を物理的に膨張させることで超解像イメージングを可能にする技術である。しかし、その有効性は十分には検証されておらず、さらなる改良が期待されている。本研究では、一次繊毛と中心小体の観察にExMを適用し、得られた画像を既存の超解像顕微鏡で得られた画像と比較した。さらに、物理的な膨張に伴う単位体積あたりの蛍光シグナルの低下と、プロテアーゼ処理によるタンパク質の部分的な分解によるシグナルの低下を補うために、蛍光シグナルを増幅するための新たなツール「Amplibody」を開発した。Amplibody用に最適化された ExM プロトコールと Airyscan 超解像顕微鏡を組み合わせて使用することで、一次繊毛と中心小体を高輝度かつ高分解能で観察できることを実証した。

論文掲載ページへ